不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】

不動産管理業に転職をお考えの方へ

給与や待遇面の改善を求めて、不動産管理業へ転職を考える方はとてもたくさんおられます。転職を成功させる決めてとなるのはやはり事前の情報収集ではないでしょうか。

一つの方法としてマイナビエージェントのような転職サイトもとても便利です。在職中は自由に使える時間も限られるので、専任のスタッフからのアドバイスや求人情報のピックアップは有用に働くでしょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



不動産管理業の転職動向

四季を通じて安定した中途採用募集告知を目にする不動産管理業界ですが、実際に転職に成功される人達には、以下の共通した傾向が確認出来ます。先ずは予備知識として、全体的な動向と特徴を踏まえた上で転職活動に臨みましょう

他業界からの転職

全くの異業種からの応募者に対しても、ニュートラルな姿勢で有能な人材を確保する姿勢が見られます。ここでは割愛しますが不動産管理業の具体的な職種は幅広く、入社後に学び習得を必要とする専門知識や資格もまた、従事する職種に因って異なって来るため、学歴職歴資格よりもむしろ、応募者の「学ぼうとする」「スキルアップを目指す」姿勢を重要視評価する傾向が顕著です。応募に際しては過剰な先入観を抱かず、ありのままの自身で履歴書を認め、筆記試験や面接に臨む事をお薦めしておきます。 1つ大切な心得として「接客業である」点をしっかり自己確認しておきましょう。取扱物件毎に業務内容も大きく異なる不動産管理職ですが、建物のオーナー、入居者、関連する取引先から一般の来客や郵便配達の方々に至る全てが「自社自身の顧客となる仕事」である点を忘れてはなりません。心構えは例えばホテルのフロントマンやデパートの店員と同じなのです。

業界内から業界内への転職

同業界内での転職の比率が高いのもまた、不動産管理業界ならではの大きな特徴です。入社後の研修や実務を通じて身につけるべき専門知識や、時に取得を社内で義務付けられる資格も複数有る為、突然の欠員に対して即戦力となり得る人材の確保が急務となるケースも少なくないのがその大きな理由です。こうした業界内の傾向を巧みに用い、自身の年収やポストのアップを胸に秘め、水面下で転職活動を進める従事者も少なくありません。 膨大な数の同業者がある部分では凌ぎを削りつつも、他の部分では相互協力関係を保つ、複雑なスタンスが交錯する業界です。他の同業者から「要注意人物」「あの業者は・・・」といったマイナスイメージを抱かれてしまった場合、こうした目論見が難しくなる点を忘れず、常にライバル企業に対しても真摯的な姿勢に基づく言動に注意を払っておく事が、将来追い風となってくれる場面が訪れるかも知れない業種です。

業界外への転職

不動産管理業に従事する方々の特徴として、定年まで勤め上げる人達の存在の一方、主に若い世代を中心に、比較的早い時点で転職を試みる人達も少なくありません。基本的には諸々の契約内容に基づき、一定のサイクルで同じ作業を黙々とこなしつつ、時に生じる事故等の緊急対応に走り回る「受け身の仕事」です。仕事に対して「派手さ」「自由臨機応変」を求める価値感を有する人達の中には、退屈さを覚えてしまったり、将来のビジョンが描けないとの理由で、異業種へのチャレンジを選択するケースが比較的多く確認されています。 他には全体的には少数派ですが、業務を通じて取得したFP資格や損害保険代理店資格などを活かし、金融機関や保険業界からのいわゆるヘッドハンティングに応じる形で業界外へ転職する人材も見られ、今後このパターンは増加するであろうと推察されています。 こうした動向と定着率が結果、他業種と比較して中途採用募集の多さに繋がっていますので、同業種への転職を希望される方々からすれば、結果プラスに作用していると言えるでしょう。


Copyright (C) 2015-2016 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.