不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】

不動産管理業に転職をお考えの方へ

給与や待遇面の改善を求めて、不動産管理業へ転職を考える方はとてもたくさんおられます。転職を成功させる決めてとなるのはやはり事前の情報収集ではないでしょうか。

一つの方法としてリクルートエージェントのような転職サイトもとても便利です。在職中は自由に使える時間も限られるので、専任のスタッフからのアドバイスや求人情報のピックアップは有用に働くでしょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

不動産管理に関する仕事は安定志向の人が就業している傾向も強く、離職率も低いため、あまり新しい求人が出にくいです。そんな中でリクルートエージェントは不動産業界の転職サポートに強みがあり、不動産管理業の求人も紹介できます。1サイト使うならまずはリクルートエージェントからです。




DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

DODAも業界大手の転職エージェントです。不動産管理関係の求人もサイト内検索で出てきます。リクルートエージェントと併用して使う人も多く、転職エージェントの大手の1つとして君臨しています。複数のエージェントで本気で求人を探したいならこちらの登録もお勧めします。




パソナキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細

「パソナキャリア」の特徴と言えば「女性の転職サポートに強い」ということです。もし女性の方で不動産管理関係の就業を目指している方はこちらをメインに使うのもお勧めです。最大手というわけではないですが女性の悩み解決やスムーズな転職活動に一役買ってくれます。




不動産管理業の転職動向は?

四季を通じて安定した中途採用募集告知を目にする不動産管理業界ですが、実際に転職に成功される人達には、以下の共通した傾向が確認出来ます。先ずは予備知識として、全体的な動向と特徴を踏まえた上で転職活動に臨みましょう

他業界からの転職

全くの異業種からの応募者に対しても、ニュートラルな姿勢で有能な人材を確保する姿勢が見られます。ここでは割愛しますが不動産管理業の具体的な職種は幅広く、入社後に学び習得を必要とする専門知識や資格もまた、従事する職種に因って異なって来るため、学歴職歴資格よりもむしろ、応募者の「学ぼうとする」「スキルアップを目指す」姿勢を重要視評価する傾向が顕著です。応募に際しては過剰な先入観を抱かず、ありのままの自身で履歴書を認め、筆記試験や面接に臨む事をお薦めしておきます。 1つ大切な心得として「接客業である」点をしっかり自己確認しておきましょう。取扱物件毎に業務内容も大きく異なる不動産管理職ですが、建物のオーナー、入居者、関連する取引先から一般の来客や郵便配達の方々に至る全てが「自社自身の顧客となる仕事」である点を忘れてはなりません。心構えは例えばホテルのフロントマンやデパートの店員と同じなのです。

業界内から業界内への転職

同業界内での転職の比率が高いのもまた、不動産管理業界ならではの大きな特徴です。入社後の研修や実務を通じて身につけるべき専門知識や、時に取得を社内で義務付けられる資格も複数有る為、突然の欠員に対して即戦力となり得る人材の確保が急務となるケースも少なくないのがその大きな理由です。こうした業界内の傾向を巧みに用い、自身の年収やポストのアップを胸に秘め、水面下で転職活動を進める従事者も少なくありません。 膨大な数の同業者がある部分では凌ぎを削りつつも、他の部分では相互協力関係を保つ、複雑なスタンスが交錯する業界です。他の同業者から「要注意人物」「あの業者は・・・」といったマイナスイメージを抱かれてしまった場合、こうした目論見が難しくなる点を忘れず、常にライバル企業に対しても真摯的な姿勢に基づく言動に注意を払っておく事が、将来追い風となってくれる場面が訪れるかも知れない業種です。

業界外への転職

不動産管理業に従事する方々の特徴として、定年まで勤め上げる人達の存在の一方、主に若い世代を中心に、比較的早い時点で転職を試みる人達も少なくありません。基本的には諸々の契約内容に基づき、一定のサイクルで同じ作業を黙々とこなしつつ、時に生じる事故等の緊急対応に走り回る「受け身の仕事」です。仕事に対して「派手さ」「自由臨機応変」を求める価値感を有する人達の中には、退屈さを覚えてしまったり、将来のビジョンが描けないとの理由で、異業種へのチャレンジを選択するケースが比較的多く確認されています。 他には全体的には少数派ですが、業務を通じて取得したFP資格や損害保険代理店資格などを活かし、金融機関や保険業界からのいわゆるヘッドハンティングに応じる形で業界外へ転職する人材も見られ、今後このパターンは増加するであろうと推察されています。 こうした動向と定着率が結果、他業種と比較して中途採用募集の多さに繋がっていますので、同業種への転職を希望される方々からすれば、結果プラスに作用していると言えるでしょう。

不動産管理業の転職と採用基準は?

中途採用基準のハードルを自らがクリア出来るのか否か、ある程度事前に見極めておきましょう。募集先が求める人材と自身が応募先に期待する各々がすれ違った状態でのチャレンジは、結果時間と労力を費やし、不採用通知を1つ増やすだけとなってしまい兼ねません。過剰な先入観を抱いてしまってはなりませんが、中途採用は「相手(=企業)を知る」ところから着手すべきなのです

フロント業務担当者に求められる採用基準

「人間の第一印象は初対面の僅か数秒で決まり、相手の潜在意識となったそれを覆す事は並大抵ではない」という概念は、皆さんも目や耳にされたご記憶をお持ちでしょう。数多くの入居者やオーナーに「負の第一印象」を抱かれるリスクを感じさせる応募者であれば、どれだけ輝かしい学歴や保有資格を履歴書面上に書き連ねようと、不動産管理業者側から言わせれば「他に適職がある人材」となる可能性大なのです。 複雑な権利関係や、時に高額な金銭出納が絡む不動産関連の業務である以上、数字に長け、頭の回転も早く、迅速正確に次々と仕事を捌いて行く能力面も勿論期待されますが、企業が最も回避したいのが「第一印象が悪い」との実態の無い理由で、入居者やオーナーから対処方法を探す事すら困惑するクレームが届けられる事なのです。住居として入居されている方々かれすれば、我が家は何より大切な不動産であり安らぎの場所空間であり、テナント入居中の企業や店舗からすれば、そこが真剣勝負の生活の糧の場である事を理解出来る人材でなければ採用は勝ち得られません。 こうしたリスク回避の観点から、不動産管理業者の中途採用に際しては、面接により重点を置く傾向が顕著に見られます。

管理物件現地担当者に求められる採用基準

一定規模以上の不動産管理業者では、下請けの清掃担当者では無く、自社所属の管理清掃員を現地に常駐もしくは通勤巡回させるシステムを採用しており、定年後(60歳以上)の方々の第二の人生の舞台として、常に高い競争率を保ち続けています。更に一部企業ではフロント業務も兼任出来る能力を有する若い世代の採用にも積極的で、アルバイト契約から正社員に登用されフロントに転身するケースも確認されています。 多くの入居者や来訪者、更には出入り業者との円滑な人間関係を構築維持出来る人材が求められる事は、あらためて綴るまでもありませんが、長年の前職場に於ける「上司」としての立ち振舞いが抜けず、上から目線の言動がトラブルの引き金となってしまい、比較的早い段階で退職してしまう人が見られる現状を知っておいてください。 入社後は時に自身の子供世代のフロントが自らの上司となります。年功序列の概念をリセット出来る人物か否かが採用不採用の鍵となります。

事務職員に求められる採用基準

単刀直入に「仕事にスピードと正確性を求められる職種」と表現出来るのが、不動産管理業の事務職員という職責です。大企業ともなれば数十数百の類似した名称の管理物件を有し、更に各々に数十数百の部屋が存在し、加えて自社社員の勤務管理や雑用範疇とも言える諸々に、時に殺到する複数の業務の優先順位を自己判断して捌いて行かねばなりません。 特に契約関連の書類処理は小さなミスが重大なトラブルに直結する為、集中力も不可欠です。 「不動産管理会社は事務社員で持っている」という業界内特有の言い回しが存在する程、縁の下の力持ちどころか企業の中枢を担う存在です。提出する履歴書の仕上がりや筆記試験を通じ、採用担当者は的確に応募者の適性を判断しますので、記載する1文字1文字をないがしろにしない姿勢を徹底して臨みましょう。

TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.