20代での賃貸マンション管理業者の転職例

総合保険代理店求人TOP >> 年齢別の不動産管理業の転職例 >> 賃貸マンション >> 20代

20代での賃貸マンション管理業者の転職例

工事現場スタッフからの転身 (27歳 男性)

高校卒業から就職した建設業者で、工事現場で職人さん達を監督する現地責任者の卵として色々仕事を覚える中、数ヶ月単位で常駐するマンションの管理会社の方々との接点が増えて行きました。オーナー、住人さん、そして私達施工業者の間に入り、上手くそれぞれの関係を保つ手腕に次第に惹かれ始め、自分もそんな仕事にチャレンジしたい気持ちが膨らんで行きました。お恥ずかしい話ですが、下請けや孫請けの一元の職人さんの中には、マナーなどに問題が見られる人も正直居て、居住者の方々からクレームが届く事もありましたが、そんなご意見に対しても誠意的な対応で丸く収めて行かれる方々を見ていて、ただ頭が下がるばかりでした。 面接では今お話した事を、そのまま一生懸命伝えました。どちらかと言えば表現が不得手な私でしたが、その辺りの熱意を理解いただけた事が採用に繋がったと解釈しています。賃貸マンションは入居者の入れ換わりも比較的激しく、常に現状を把握する作業も大変ですし、時に早朝や深夜に伺っての対応を余儀なくされる事もありますが、皆様からの「ありがとう。助かりました」の一言がエネルギーになっています。
最初は怖い仕事だと思っていました (26歳 女性)

友人から「モンスター的な居住者が居るヨ」「得体の知れない入居者からクレームが来るゾ」などと、賃貸マンション管理業者の仕事は「怖くてとても自分には無理」との先入観を抱いていました。ですが前職場のブティックが突然オーナーの一方的な意向で閉店から私達スタッフは解雇となり、田舎から出て来て1人暮らしの私は、悠長に職種を選んでいる余裕などありませんでした。 「事務式ならせいぜい電話で怒鳴られるぐらいで、困れば先輩に振れば何とかなる」という本音を隠し、求人サイトで見つけた中途採用募集に応募しました。接客業で見知らぬ方々とスムーズに会話出来るようになっていたのが幸いしたのか、トントン拍子に採用いただき、日々事務所内で電話を取る毎日がスタートしました。 驚きだったのが、荒っぽいと思い込んでいた各取引業者の方々が、皆さん物腰が柔らかく優しく丁寧だった事と、同時に沢山の管理物件別にそれぞれ異なる業者が担当していて、全てを覚え切れず一覧表と睨めっこで相手様を間違わぬように苦労した事でしょうか。優しい環境で楽しく仕事させていただいています。
人と話さずに済む仕事が希望でしたが (29歳 男性)

学生時代から理系一筋、友達付き合いも苦手で大学卒業後は某メーカーの開発部に配属されていましたが、職場での人間関係に疲れて中途退社。世間や実社会に関する知識も乏しいまま、勝手に「管理業務ならデスクワークでデータ処理していれば大丈夫だろう」と大きな勘違いのまま応募しました。「してしまいました」が採用から研修期間中の本音でしたが、流石に簡単に辞める訳にも行かず、最初は渋々の出社が続いていました。 ところが先輩社員に同行して色々実地勉強する中、1人前になったら担当物件の管理を自分1人に丸投げして貰え、自身で年間の管理スケジュールなどを仕切る事が出来、最も苦手な上司からの一方的な仕事の指示が届いたり、勤務時間外の無理矢理の付き合いも求められ無い職場環境だと分かったのです。「これは自分にとって転職が天職になるかも?」と一気に前向きな姿勢になれました。 社内の雰囲気もとてもフランクで、心地良い距離感で接していただけている事にも感謝しています。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.