40代での賃貸マンション管理業者の転職例

総合保険代理店求人TOP >> 年齢別の不動産管理業の転職例 >> 賃貸マンション >> 40代

40代での賃貸マンション管理業者の転職例

小さな同業者の事務職員から (42歳 女性)

前職場は地域密着の不動産斡旋業を兼ねる小さな会社の事務員でした。他業種同様「業者のメガストア化」の傾向はこの業界でも顕著で、経営状態が好ましく無い事は社内に居れば明白でした。職場環境自体に不満はありませんでしたが、シングルマザーの自分としてはやはり、中長期的に安定した基盤の確保が不可欠だと判断し、秘かに転職のチャンスを伺っていました。 中途採用情報はインターネットで見つけ、履歴書を送付する際に自身の現状と希望を別紙に記載して同封しました。年齢的にも正直「九分九厘ダメだろう」と肩の力を抜いた応募でしたが、同業者での勤務実績を評価いただけたのでしょうか、入社時期や最寄りの勤務先への配属など、最大限希望を受け入れて下さった形での採用となりました。 物件のオーナー様、入居者各位、そして出入り業者の間が立ち位置で、各々と円滑なコミュニケーションを絶やしてはならない仕事です。絶対に避けねばならないのが「誤情報の伝達」「言葉足らず」であり、履歴書の記載内容も採用不採用の大きな鍵になる事も、入社後に届く履歴書を開封する側になって知った事です。この機会に知っておいてくださいね。
分譲マンション管理会社からの転職 (45歳 男性)

大手分譲マンション管理会社に長年勤務していましたが、身体を壊し静養に専念する為に退社。それでもリタイアには年齢的にも早く、経済的にもそんな余裕には程遠く、インターネットの中途採用情報で見つけたのが現在の職場でした。他業種を知らない自身からすれば「この分野しか無い」と内心悲壮な覚悟での応募だった事をハッキリ覚えています。 いざ入社してみると、広義では同業種に違い無いのですが、全く別の仕事を1から覚え直す姿勢が求められました。「以前の経験や知識は確かに貴方の武器ですが、一旦リセットして1から学び直してください」と入社時に言われた事を肝に銘じ、次々と芽生える「以前はこうだったのに・・・」を振り払う研修期間は、正直ストレスに繋がる事もありましたが「他に自分を雇ってくれる企業などおそらく存在しないだろう」と自分に言い聞かせながら、何とか喰らいつき続けたのが今日に繋がっていると思っています。 人は40代に突入すると、誰もがそれなりの経験値を持っています。年功序列に自身の存在場所を求めようとしがちですが、大切なのは遥か年下の先輩上申に素直に頭を下げる事が出来る姿勢であり、これこそが転職の成否の鍵だと確信しています。
視力障害のハンデを考慮いただいての採用 (48歳 男性)

片目の視力が弱く、身体障害者手帳を交付頂き生活保護で暮らす独り身の私の住む賃貸マンションの管理会社が突然他社に替わりました。理由を知る由もありませんでしたが、程無くその会社の短時間の通勤清掃員の募集告知を偶然見つけ、近所なら自分にも勤まるのではと問い合わせたところ、奇跡的にその物件が私の住むマンションだったのです。 自身の体調面も考慮いただき、高所での作業などは免除の清掃員として、微額ですが自分の手で稼ぐ機会を与えていただけました。同じ建物の方々も快く接して下さいますし、困った事が有れば会社の担当者が直ぐに駆けつけて下さるので安心です。近所に立ち並ぶマンションの中で1番綺麗に輝く建物だと、近所の皆様から認めていただけるように綺麗に保つ事で、せめてもの恩返しが出来れば幸いです。「自分にはハンデがあるから」とあの時臆してしまわず、勇気を出して問い合わせた事で、社会人として復帰する事が出来ました。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.