30代でのテナント物件管理業者の転職例

総合保険代理店求人TOP >> 年齢別の不動産管理業の転職例 >> テナント物件 >> 30代

30代でのテナント物件管理業者の転職例

家業を畳み企業人として (37歳 男性)

地域密着の小規模な俗に言う「不動産業」を営んでいた父を手伝っていました。父は私にバトンタッチを望んだまま病床から他界しましたが、私自身は自業の将来に希望を見出す事は出来ず、幾度も家族会議を開いた上で会社を畳み、世間様より十数年遅れて「外の釜の飯を喰うべく」仕事探しを始めました。年齢的にも未経験の職種は難しいと判断し、不動産関連を希望条件に複数の中途募集斡旋サイトに登録するなど、先ずは情報収集から着手しました。 他にも不動産管理関係の会社に応募しましたが、採用には至らず、履歴書が返送されて来るばかりで落ち込む時期もありましたが、むやみに応募職種の幅を広げず不動産業者に絞り込んで踏ん張ったのが今日の採用に繋がったと自己分析しています。 テナント物件管理会社の採用担当者に限らず、採用担当者は応募者の心理状態を的確に見抜かれます。勤務経験が学生時代のアルバイトだけという負のハンデキャップを有する私でしたが、 30代半ばの社会人一年生として仕事に臨む姿勢を一生懸命伝えた事で、マイナスをカバー出来たと思っています。
スーパーバイザーから不動産管理業へ (36歳 女性)

某フランチャイズ企業の女性スーパーバイザーとして、新規開店店舗の開拓から既存店舗の管理監督などで全国を飛び回る仕事を続けていましたが、ようやくのご縁で結婚した以上、このライフスタイルの継続は困難と思い、地元密着で続けられる仕事への転職先を模索する中、現在所属の会社の中途採用募集を見つけました。 男女雇用均等法が施行されて随分年月が流れていますが、正直まだまだ男性中心の不動産管理業界です。それでも女性管理主任クラスの増加を目指す社内の方向性が追い風となってくれたらしく、自分で言うのも何ですが、高い競争率を勝ち残り採用いただくに至りました。 不動産管理と言う言葉の響きから、武骨な年配の男性の仕事を連想される向きも有るみたいですが、実際には非常に緻密なデータ管理と、それぞれ個性特徴が異なるお客様との迅速円滑なコミュニケーションが求められる仕事で、内心「これは女性向きなのでは?」との思いが日増しに大きくなっています。
施工企業との折衝に緊張と充実の毎日です (32歳 男性)

以前は新車販売の営業マンでしたが、対個人の営業よりも対企業の土俵で勝負してみたくなり、年齢的にもリミットだと判断した30歳を過ぎた頃から転職活動を開始しました。履歴書には法人への営業車の大量発注の実績など、対企業での営業経験を有する事と、冒頭で述べた「野心」という程ではありませんが、明確な目標を持っての転職活動である旨を記載しました。 実際の現場でのプレゼンテーションなど、資料の分量から内容まで、同じライバル会社との競合とは言えど、あまりに全てが違う世界に最初は戸惑うばかりでしたが、場数を踏む事で少しずつですが、この業界の価値感や尺度、そして根底に根付くノウハウなどが少しずつ掴めて来ていると実感しています。 何より色々な分野の上層部の方々とお目に掛かれる機会の連続ですので、特に未だ若輩者の自分にとっては、この経験を財産にしなければと自己確認の毎日です。 扱う金額のゼロの数も時に桁違いだったり と、時に怖さを覚える半面「大きな仕事に携わっている」との責任感と充実感もまた半端ではありません。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.