40代でのテナント物件管理業者の転職例

総合保険代理店求人TOP >> 年齢別の不動産管理業の転職例 >> テナント物件 >> 40代

40代でのテナント物件管理業者の転職例

アパレルメーカー社員だった私 (41歳 男性)

20年近くアパレル業界一筋だった私ですから、数え切れない程の店舗様へ足を運び続ける中、テナント物件の管理状態にも優劣が存在する事は知っていました。 時に取引先店舗の人達の愚痴を通じ、あるいは自身の目で確かめる中、ふと「どうしてこんな簡単な事すらクリア出来ないのだろう?」と素朴な疑問を抱く場面も少なくありませんでした。 転職の理由はズバリ、海外転勤の辞令が引き金でした。子供の受験など大切な時期でしたし、妻の「断固引越したく無い」との強硬な意見に自分も同意。企業人としては保守的な印象になるでしょうが、短期出張は別としても転居が伴わない仕事というのが第一希望条件でした。 現在の職場の中途採用情報は、当時の取引先のテナント物件の管理状態が素晴らしかったので、そこから自分で色々情報を手繰って辿り着きました。応募に際しても、定型文や美辞麗句を並べる年齢では無いと判断し、悪印象に伝わるリスクを覚悟の上で、全てをストレートに伝えました。1つ間違えば「一言多い危険なタイプ」と受け取られ兼ねないところでしたが、20代の若者とは違った40代という部分が助けてくれたみたいです。家族の希望に沿った転職を叶えて頂いた職場に、これから仕事を通じて恩返しせねばなりません。
緊急出動技術者に配属されました (48歳 男性)

20代の警備会社勤務から30代は分譲マンションのメンテナンス部門の技術者として働いて来ました。 前職場に特に不満はありませんでしたが、毎日淡々と管理物件の点検巡回ばかりの単調な毎日に退屈を覚え、社会人人生の残りの期間、もう少し「手応えのある仕事に従事したい」という、男のワガママそのものの理由で独断で転職に踏み切りました。 テナント物件は不特定多数の人達が、時に24時間自由に出入り可能な環境故、住宅物件とは全く異なるさまざまなリスクが想定されます。私の職歴がそれらにマッチしている点がプラスに作用したのでしょうか、通常は事務所に待機して、緊急対応の必要が生じれば現地に駆けつける部署で3交代勤務に励んでいます。 入社して知った事として、不動産管理業界は総じて、自社スタッフの健康管理に力を注いでいる福利厚生の充実がありました。こうした職場環境の充実が従業員の特に中高年世代の安定した定着率に繋がっていると思われます。
保険代理店勤務の経験が活きています (44歳 女性)

前職はとある小さな総合保険代理店で事務職に携わっていました。個人情報を扱うという事で、初級の損害保険代理店資格と生命保険販売資格を取得していましたが、他の保険代理店との合併話がややこしく、仕事を続けながら転職先を探していた時に募集告知と遭遇出来ました。生保業務に携わる資格は、前職場退職から間隔が開いてしまうと消滅する為、スムーズに転職先に入社出来なければ募集販売業務は認められませんが、幸い事務職募集との事で、あくまで経験値を評価いただけた事もラッキーでした。何でも前任の女性が突然のオメデタ寿退職だったらしく、そんなシチュエーションも味方してくれたみたいでした。 取引先が個人の契約者様から企業様に変わり、最初は戸惑う事もありましたが、基本的な作業内容は共通しているので何とか頑張れています。先日は前職場に出入りされていた保険会社の方が訪問され、思わぬ場所での再会が実現したり、お気に入りのお店が自社管理物件のテナントだった事など、世の中が繋がっている事を確認出来る素敵な職場です。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.