不不動産管理業とは

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業とは

不動産管理業とは

皆さんがお住まいの集合住宅や勤務先が入居するビルディングの入居退去契約関連から安全快適な環境の維持まで、不動産管理業は物件オーナー(家主)に代わり、幅広い対応の責務を担う業者です。ここでは同業種への転職をお考えの皆様に、基礎的知識としてどのような業務が存在するのかを確認いただければと思います。

オーナーが為すべき諸々を代行対応

元来入居者とオーナー(※以下この表現で統一)間で締結されるのが不動産賃貸契約ですが、この手続きには定められた諸々の書式の作製や必要書類の提出など、双方に専門的知識と相応の時間労力が求められ、交わされた契約書や社会通念に基づき、オーナーは入居者に対し、安全快適な環境を提供しなければなりません。しかし電気水道などライブライン系統のトラブル、機械式駐車場の故障から、非常灯の電球切れなど、アクシデントは時と場所を選ばず、オーナー自身がそれら全てに直接対応する事など到底不可能です。 不動産管理業者はオーナーからこうした不動産管理業務の委託を受け、自社が入居者と最前線でコミュニケーションを図り、自社と取引関係が有る各部門の専門業者を通じ、各々のトラブルの早急な対処を指示手配あるいは時に自社対応しています。 例えば皆さんがお住まいのマンションの階段の蛍光灯が切れていたかと思えば、翌日復旧していたとすれば、管理会社が交換対応でしていますし、普段何気無く清掃対応されている管理人の方々も、不動産管理業者が手配する取引先もしくは所属スタッフです。「オーナーの黒子的存在」と表現出来る企業、それが不動産管理業者なのです。

管理物件の種類に因り異なる業務内容

管理物件の種類に因って、不動産管理業者のが担う業務内容に違いがある事を知っておきましょう。管理物件は「分譲住宅」「賃貸住宅」「テナント物件」の3種類に大別出来ますが、管理業者はこれらいずれかに特化した業務を担っており、一部の大きな企業を除けば、分譲住宅と賃貸住宅双方を管理するケースは殆ど見当たりません。 これは入居者の所有占有権の違いが関係しており、分譲住宅の場合、共用部と称される廊下階段などはオーナーの管理責任なのに対し、入居者が購入所有する玄関より内側や部屋に関しては、あくまで所有者である入居者の自己管理責任範囲となるからです。例えば賃貸住宅で風呂場の給湯器や室内のエアコンが故障した場合、入居者は勝手に修理交換する事は契約上不可であり、管理業者に連絡の上で対応を仰ぐ事となり、管理会社はオーナーにその旨を報告と意向指示を確認の上、入居者に対処方法を伝える流れとなります。対して分譲住宅の場合、入居所有者が全て自己対応する事となり、他にも同様に数多くの場面に際し、管理業者の初期対応が異なるのがその大きな理由なのです。

新規取引物件の開拓も必務

自社が管理する物件もいつの日にか老朽化からその寿命を終え、自ずと1棟ずつ減少して行きます。賃貸管理業者は常に自社が管理出来る新規取引物件の開拓に余念がありません。更にライバル同業者も水面下で自社物件の管理権を狙っていて当然ですので、不誠実な対応で入居者やオーナーからの信頼を失ってしまえば、ある日突然他社に乗り換えられてしまい兼ねないのもまた、この業界の厳しい現実です。 固定得意先の管理のレベルを落とす事無く、集合住宅であれば居住者もしくはオーナーが現在契約中の管理業者に対して不満を抱いていないか、常にアンテナを張り巡らせての情報収集から英語う活動を重ねる事も、自社が存続発展する上で不可欠な業務なのです。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.