不不動産管理業の転職と採用基準

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と採用基準

不動産管理業の転職と採用基準

中途採用基準のハードルを自らがクリア出来るのか否か、ある程度事前に見極めておきましょう。募集先が求める人材と自身が応募先に期待する各々がすれ違った状態でのチャレンジは、結果時間と労力を費やし、不採用通知を1つ増やすだけとなってしまい兼ねません。過剰な先入観を抱いてしまってはなりませんが、中途採用は「相手(=企業)を知る」ところから着手すべきなのです

フロント業務担当者に求められる採用基準

「人間の第一印象は初対面の僅か数秒で決まり、相手の潜在意識となったそれを覆す事は並大抵ではない」という概念は、皆さんも目や耳にされたご記憶をお持ちでしょう。数多くの入居者やオーナーに「負の第一印象」を抱かれるリスクを感じさせる応募者であれば、どれだけ輝かしい学歴や保有資格を履歴書面上に書き連ねようと、不動産管理業者側から言わせれば「他に適職がある人材」となる可能性大なのです。 複雑な権利関係や、時に高額な金銭出納が絡む不動産関連の業務である以上、数字に長け、頭の回転も早く、迅速正確に次々と仕事を捌いて行く能力面も勿論期待されますが、企業が最も回避したいのが「第一印象が悪い」との実態の無い理由で、入居者やオーナーから対処方法を探す事すら困惑するクレームが届けられる事なのです。住居として入居されている方々かれすれば、我が家は何より大切な不動産であり安らぎの場所空間であり、テナント入居中の企業や店舗からすれば、そこが真剣勝負の生活の糧の場である事を理解出来る人材でなければ採用は勝ち得られません。 こうしたリスク回避の観点から、不動産管理業者の中途採用に際しては、面接により重点を置く傾向が顕著に見られます。

管理物件現地担当者に求められる採用基準

一定規模以上の不動産管理業者では、下請けの清掃担当者では無く、自社所属の管理清掃員を現地に常駐もしくは通勤巡回させるシステムを採用しており、定年後(60歳以上)の方々の第二の人生の舞台として、常に高い競争率を保ち続けています。更に一部企業ではフロント業務も兼任出来る能力を有する若い世代の採用にも積極的で、アルバイト契約から正社員に登用されフロントに転身するケースも確認されています。 多くの入居者や来訪者、更には出入り業者との円滑な人間関係を構築維持出来る人材が求められる事は、あらためて綴るまでもありませんが、長年の前職場に於ける「上司」としての立ち振舞いが抜けず、上から目線の言動がトラブルの引き金となってしまい、比較的早い段階で退職してしまう人が見られる現状を知っておいてください。 入社後は時に自身の子供世代のフロントが自らの上司となります。年功序列の概念をリセット出来る人物か否かが採用不採用の鍵となります。

事務職員に求められる採用基準

単刀直入に「仕事にスピードと正確性を求められる職種」と表現出来るのが、不動産管理業の事務職員という職責です。大企業ともなれば数十数百の類似した名称の管理物件を有し、更に各々に数十数百の部屋が存在し、加えて自社社員の勤務管理や雑用範疇とも言える諸々に、時に殺到する複数の業務の優先順位を自己判断して捌いて行かねばなりません。 特に契約関連の書類処理は小さなミスが重大なトラブルに直結する為、集中力も不可欠です。 「不動産管理会社は事務社員で持っている」という業界内特有の言い回しが存在する程、縁の下の力持ちどころか企業の中枢を担う存在です。提出する履歴書の仕上がりや筆記試験を通じ、採用担当者は的確に応募者の適性を判断しますので、記載する1文字1文字をないがしろにしない姿勢を徹底して臨みましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.