不不動産管理業の面接の注意点(個人面談編)

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の面接の注意点(個人面談編)

不動産管理業の面接の注意点(個人面談編)

いよいよ最終関門と言えば、個人面談に他なりません。企業側からしても、皆さんは既に「最終採用候補者の中の1人」です。ここで何より大敵なのは、ラストスパートを試みるべく、ライバルの応募者に差をつけてやろうと目論む「皆さんの心理」と「ふとした油断」に他なりません。

事前のシミュレーションは必須

自然体で臨む事と、無策である事は全く別物です。中途採用試験の最終面談である以上、どのような質問が届けられるのかは十分事前想定出来て然りです。最終面談日時の事前連絡から当日までの間、可能な限り想定出来る展開をシミュレーションし、頭の中で「この質問が来ればこう答える」をしっかり仕込み、自分の言葉で発せられるよう、入念にリハーサルしておきましょう。100想定して1つしか予定通りに展開しないかも知れませんが、出番の無かった99は無駄ではありません。この段階の面接担当者が有する人生社会人経験の感性は、そんな「影の努力」も的確に見抜く感度を有しています。 仮に全く思い通りの答弁が出来なくとも、何度も答えに窮し立ち往生したとしても、それは時間の流れの中での暫しの出来事です。面接担当者はこの場面に臨むに際しての、応募者の決意と心構えをしっかり見てくれています。「あの場面ではこっちの答えを口にすべきだった」と後悔するより「自分の思いを上手に喋れなかった」と残念に思えたのであれば、個人面談としては十分及第点以上の出来だと捉えましょう。役者のオーディションではありません。

待遇面その他の希望の伝え方

皆さんにも当然日々の生活がありますので、現在の勤務先に在職中での最終面談という展開も不自然ではありません。こうした場合、採用となった場合の入社のタイミングなど、現在応募中の企業側に条件面の譲歩を「お願い」する形となります。ですが応募者の中には「この場面でいきなり譲れぬ希望を伝えてしまうと、それがネックになって不採用になってしまうかも」と案じるが故、思わず「直ぐにでも出社出来ます」などと発言してしまうケースが見られますが、これこそが最大の失言なのです。 企業側は応募者が現在他社に在籍している事は、履歴書を通じて当然把握していますし、正社員が一方的に「次の仕事が決まったから明日から出社しません」などと発言出来ない事も先刻承知です。社会的常識を無視した発言のみならず、「この人物は自社業務に際しても、このようなその場凌ぎを口にする危険な応募者だ」と受け取られてしまえば、手が届く目前の「採用」の二文字が瞬時に飛び去ってしまいます。 応募者各々に『譲れない事情」「出来れば採用に際し、企業側に認めて貰いたい希望」が存在していて当然です。社会人としての言葉と表現で、しっかり正直に伝える事が大切です。

退室後も油断禁物

「面接は訪問先の最寄駅から始まっている」は多くの方々が意識している事ですが、一礼して面接室のドアを閉めた瞬間、一気に緊張感が緩んでしまい、正真正銘の最後の最後に「無意識のミス」を犯してしまう残念過ぎる事例もまた、同業界の個人面談に限らぬ現実です。 これも実際に面接担当者から聞いた話ですが、面接終了後テナントビルのトイレに入った応募者が、携帯電話で友人に報告する中、質問内容の不満や担当者の悪口を口にしてしまったそうです。既にお察しの通り、個室内のその企業の支店長代理が一部始終を耳にしていた事で万事休す。そんなフィクションのようなノンフィクションが生じてしまう土俵の上では、決して気を緩めてはなりません。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.