不不動産管理業の転職と面接

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と面接

不動産管理業の転職と面接

不動産管理業の採用審査に際する特徴傾向として「面接重視」が挙げられます。その理由も含め、敢えてスペースを十分に確保の上、大切な事をお伝えしておきたいと思います。

接客業である事を認識しよう

不動産管理業の「管理」という二文字から連想する先入観から、何やらお役人的な監視担当者になるつもりの応募者が見られる事を、某企業の採用担当者が微かな苦笑いで語っておられましたが、管理する対象はあくまで管理物件であり、更には入居者やオーナーの大切な個人情報です。大切なお客様に「規約を守りなさい」と指導する、学校の風紀委員的な職責は不動産管理業者には基本存在していません(※規約順守はあくまで「お願い」のスタンスが鉄則です)。 面接時の応募者の言動から、採用担当者は対居住者、対オーナー、対取引業者の担当者に対し、どのような物腰で接する人間かを見極めます。実際に入社されれば所定の研修を受ける事になるかと思いますが、何より口を酸っぱく厳しく繰り返し指導されるのが「礼儀作法」「言葉遣い」「姿勢表情」である事に戸惑いを覚えたと語る、現在現場で頑張っておられる諸先輩は数え切れません。 「そんな事は無い。以前フロントを名乗る人物に物凄く高圧的に対応された事があった」「あそこの清掃管理人は挨拶もしなければ常に怒鳴っている」との声も聞こえますが、そうした人達が属する企業の近未来は決まっています。安心して従事出来る優良企業では無い証拠です。 過剰に丁寧過ぎたり、腰を低くし過ぎる必要はありません。社会人としての常識を弁えた自然な答弁と立ち振舞いが出来れば、十分採用条件をクリア出来ます。

採用担当者の着眼点

多くの面接指南書やネット上の情報を見る限り、饒舌積極的に上手な表現文言で自己アピール出来る人材を「良し」とする傾向も見られますが、不動産管理業に従事する人間にとっては、時にマイナスとなる事を知っておいてください。 不動産管理に際しては、大切な入居者の個人情報を取扱う場面が少なくありません。加えて昨今の個人情報保護に関する世間の認識を思えば、一昔前の「管理人さんと居住者の立ち話の主人公が同じ建物の別の居住者」など言語道断なのです。自社従事者の不用意な一言が引き金となり、会社レベルでの謝罪から所轄機構への事故報告の理由が、清掃管理人がうっかり居住者の自宅の電話番号を訪問者に教えてしまった「だけ」という事例も珍しく無いのが、現在の世の中の尺度なのです。 「自分の言葉で簡潔に話し、相手や第三者の話を傾聴する姿勢を持つ人材」こそが、職種を問わず不動産管理業者が求める人材です。独演会状態は自爆行為です。

自己アピールに際しての注意点

上記の続きとなりますが、さりとて全く自己アピールも無く、ただ当たり障りの無い応答しか出来なければ、咄嗟のアドリブ対応力の無さをマイナス査定され兼ねません。ワンポイントを抑えたキラリと光る自己アピールも不可欠であり、その匙加減が難しいところです。 万人のお手本となる話法例は存在しませんが、注意点として「自分の能力で」「自分の努力で」と、主人公が自分自身の視点からのアピールは逆効果です。事前に想定出来るリスクは未然に回避し、生じてしまったトラブルを迅速確実に解決する月日を重ねる事で、初めて入居者から認めていただける職種です。また「自分が」が過ぎるタイプに共通する傾向として、対取引業者面で高圧的な言動に及ぶ傾向が業界内で確認されている為、その部分でも負の印象に繋がり兼ねません。明るく歯切れ良い答弁の中にも謙虚な姿勢をしっかり心掛けてください。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.