不不動産管理業の転職と志望動機

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と志望動機

不動産管理業の転職と志望動機

志望動機に何を綴れば良いのを見極めるには、「自分が不動産管理業者なら、従業員に何を求めるのか」「業者側に顧客である自身が何を求めているのか」を自問自答してみましょう。

現職者の志望動機の傾向

誰もが知る大企業名が冠に付く不動産管理業者に中途採用された現職者の声を集めると、やはり「企業名に安定性を感じ取った」といったコメントが多数を占めています。幾分保守的で消極的に感じられた方もおられるでしょうが、大手と称される企業に共通する価値感として捉え、自身が果たして馴染めるか否かを冷静に判断しましょう。 不動産管理は「イレギュラーが極力生じぬ安全平穏な環境の維持」と「想定外のアクシデントに迅速確実に対応」の、相反する2つの事象に常に平行して対処する業種です。フロント業務は入居者、オーナー、外部取引業者の各々のコミュニケーションの橋渡し的存在であり、現地管理清掃員はそうした存在各々の「黒子裏方」的な役割を担います。 積極性をアピールするつもりで、それまでの自身の学歴や職歴を声高に謳う応募者よりも、基本的には与えられた任務をコツコツと確実にこなしてゆく地道なイメージの人材が好まれる傾向が見られますが、勿論与えられた職責内でのアドリブ力も不可欠です。いわゆるベンチャー企業と称される新進の会社を起業して業界内でひと暴れしようとするタイプでは無く、淡々と安定した日々を過ごしたいタイプの応募者の比率が高い業種です。

「続けたい」姿勢を伝える

採用する側にとって極力回避したいのが、入社後早い段階での退職であり、実はこの業界はこの傾向が比較的顕著に見られる一面を有しています。「3ヶ月で辞めるか定年まで居続けるか」などと囁かれる程、新卒中途採用を問わず、その理由は色々推察出来ますが、先ずは従業員の在籍期間が長短二極化している点を知っておいてください。 フロント業、現地管理作業、事務職を問わず、不動産管理業の特徴として、入社後十分な研修期間を設けているのも大きな特徴であり、それだけの基礎知識を有した上で無ければ、現場現地で仕事を任せられない職種です。某大手企業では、1週間に3〜4日、午前中のみ勤務の通勤管理清掃員に対しても、自社研修センターで1週間の講義研修から異なる複数の物件での現地体験研修を経た上で、初めて赴任物件に着任させる程であり、それだけの先行投資に対して数ヶ月で退社されてしまっては泣くに泣けないのが採用者側の本音なのです。 ゼロから素直な姿勢で学び、1日でも長く勤務出来る事を希望する姿勢がプラスに作用します。

定年後の応募に際しての注意点

定年後の再就職世代(=60歳代)も応募可能な管理作業員への中途採用募集には、毎回多くの応募が殺到していますが、以下に述べる理由が災いして研修期間段階で退職される人が見られる点をお伝えしておきたいと思います。 特に年功序列の価値感の前在職先での自身の肩書きが忘れられず、年下の先輩正社員あるいは研修担当の講師に対し、横柄な言動に及んでしまっている自身に気づかず、結果「研修を通じ不適格」と判断されてしまうケースがそれで、労使双方共悲し過ぎる展開に他なりません。履歴書書面や面接時こそ謙虚に立ち振舞っていても、採用された安心感から「素」が早々に顔を覗かせてしまうパターンですが、当然企業側からすれば、目先の社内ロスよりも後々の大きなトラブルの芽を摘む方を選択して当然です。 未知の世界の社会人1年生に自らをリセットし、息子や娘世代の上司に素直に頭を下げる事が出来か否か、しっかりと自己確認の上で行動に移りましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.