不不動産管理業の転職と資格

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と資格

不動産管理業の転職と資格

不動産管理業への転職と視野に入れ始めると同時に、少なからず「専門的な資格が無ければダメだろう」といった先入観が否定出来ないかと思われます。ですが一方で大学在学中に内定を受け、新卒の社会人一年生としてスタートを切っている若い人材も数え切れません。彼等は学生時代から既に、入社に必要な諸々の資格修得に余念がなかったのでしょうか?

最低限求められる資格とは

結論から綴れば「普通自動車運転免許証は持っていた方がベター」となります。「マンション管理業主任者」など、不動産管理業務に関する資格を有している事を応募条件とする中途採用募集は、特例を除けば通常ありません。 不動産管理業は机上の論理を学び、それに沿って実践する部分よりも、あくまで現場で遭遇した事象の1つ1つを経験を通じて学び、それらを対処するに際し、どのような規定規約が存在しているのかを確かめて行く事で「一人前に成長して行く」業種です。 いわゆるフロント業など、複数の自社管理物件を駆け回る職種であれば、運転免許証は不可欠ですが、その他の関連資格に際しては、特に企業側から取得を強制指示されるケースは通常見られず、あくまで当事者が自身のスキルアップの一貫としてチャレンジし、それを結果として在籍企業側が評価すれば、昇進昇級に繋がる可能性が広がると捉えておきましょう。 学歴に関しては、大手不動産管理業者に関しては「大卒」を条件に設定しており、これは自社関連企業との足並みなど、長い歴史の中で構築された自社内の価値感のバランス維持を重視するところから来ていると推察出来ます。

有していると有利な資格とは

不動産管理業者はあくまで「オーナーに代わって入居者対応及び管理物件のメンテナンスを行う」企業であり、自社で対応が難しい専門的な業務に関しては、当然取引企業に発注対応する形となります。エレベーターや機械式駐車場の定期点検や屋上の貯水タンクの定期清掃など、各分野に特化した複数の企業が定期的に管理物件を訪問対応している事は、既に皆さんもお気づきの通りです。 しかし他の業者に発注すれば、当然費用が発生しますので、小さな緊急対応などを自社スタッフで賄う事が出来れば、それが結果的に自社の利益に繋がる点は軽視出来ません。 またフロント職の場合、担当物件毎に異なる数々の契約内容を正確に理解し、自身で対応出来る専門知識を有している人材であれば、採用担当者からすれば、即戦力の人材として期待値が高まります。 中途採用応募に際し、これまでの職歴を通じて取得している、例えばFP資格など、不動産全般や損害保険関係の専門知識を有する事の証明となる資格保有者であれば、書類審査時にプラスの評価に繋がるケースも多々確認されています。

資格が無いからと臆するべからず

特に資格を持っておられぬ方でも、臆する事無くチャレンジ出来るのもまた、不動産管理業界ですので、ご興味をお持ちで在れば、積極的に応募してみましょう。オーナーと入居者各位は皆さんにとって大切なお客様であり、着任後は皆さんお1人お1人が「会社の顔」となる訳ですから、採用担当者側は履歴書に書き連ねられた資格の数よりも、明るく礼儀正しく快活な「人」としての素養を重要視する傾向が顕著です。仕事を通じて自身が興味を抱いた資格試験へのチャレンジも、事前の机上の学習よりも、現場を経験した事が何よりの学習となり、自ずと合格率もアップする事でしょう。 実際に社内に在籍されている諸先輩方が保有されている資格の大半は、入社後に各々が取得されていると言って間違いありません。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.