不不動産管理業の転職と履歴書

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と履歴書

不動産管理業の転職と履歴書

多くの業界と同様に、不動産管理業においても、まず書類選考を設けている業者は少なくありません。つまり履歴書を見て、自社の社員としてふさわしいかどうかを選考することになります。もちろん履歴書だけで、本人についてすべてを知ることは不可能ですが、履歴書を通して応募者がどのような人材なのかを判断することもできます。「この人はちょっと気になる」と思わせるような履歴書を作成することが大切です。しかし、どんな小さな事柄であっても、事実と異なる情報を記載してはいけません。

履歴書を作成する際にまず考えるのは、パソコンで作成するか、直筆で作成するかです。現代では、ほぼすべての書類がパソコンや電子的な方法で作成されているため、特に注意書きが書かれていない限り、パソコンで作成しても問題ないでしょう。しかし、直筆で作成することにより、文字を通して自分がどのような人物なのかを伝える事もできるでしょう。中途採用を希望した50代の男性は、直筆で履歴書を作成することで、文字の丁寧さや几帳面さを評価され、企業内指導員として採用されたケースがあります。採用担当者は、応募者が考えてもいない部分に注目し、採用の可否を検討していることがわかります。可能であれば、直筆で履歴書を作成することで自分の良さをアピールする機会となるでしょう。

履歴書の中で、採用担当者がまず目を通すのは志望動機でしょう。数多くある不動産管理業者の中から、なぜ当社に応募したのかを知りたいと思うでしょう。「収入や福利厚生が他者に比べて高いから」「通勤に便利だから」「土日祝日が休みだから」と心の中で思うことはありますが、そのまま履歴書に書いてしまうとマイナスイメージを与えかねません。ここでは、自分が一社員として企業へどのように貢献できるのか、もしくは貢献したいと考えているのかを伝えることが賢明です。

これまで幾つかの職業を経験してこられた方にとっては、どの職業を職歴欄に書いたらよいか迷ってしまうかもしれません。可能ならば管理業務と関係のある職歴を記載することが望ましいでしょう。管理業務とはいえ、業務内容は多岐に渡ります。清掃やメンテナンスだけではなく、入居者やオーナー、他業者の担当者などへの対応など、コミュニケーション能力が必要とされる場面も少なくありません。営業職や接客業、サービス業で働いた経験があるならば、記載することで選考に有利になる可能性もあります。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.