不不動産管理業の年収相場

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の年収相場

不動産管理業の年収相場

転職を決意された理由の1つとして、年収に関する不満や希望は避けられなくて当然です。将来に向け安定した収入アップが期待出来、更に自身がやりがいを感じられる職種への転職を誰もが希望されますが、果たして不動産管理業の現状から将来の展望はどうなのか、職種選択に際しての重要な情報として参照いただければ幸いです。

フロント(=正社員)の年収

不動産管理業者の規模も、いわゆる世間の皆様がご存知の大会社の冠を社名に有する全国規模の企業から、従業員数名程度の地域密着の企業までさまざまであり、自ずと年収に関しても「差」が確認出来るのは、他業種と共通する現実です。 一昔前の表現を用いれば、業界内でフロント業と称される正社員の場合、大手であれば他業種の同規模の企業と同等の年収相場が期待出来、福利厚生面も充実しています。対して中小規模の会社の場合、転職に際して収入アップが確約されるかどうかに関しては、現実疑問符が付くとお伝えしておきます。他の業界同様、不動産業界も全てが「安価志向」に拍車が掛かっている事は、バブル崩壊後から景気の持ち直しが囁かれる昨今にも関わらず、家賃その他は値下がり傾向に歯止めが掛かっておらず、これはより多くの賃貸契約契約を奪い合う賃貸斡旋業者の値下げ合戦が大きく影響しています。オーナー側に入る金額が小さくなれば、自ずと管理業者に支払う事が出来る管理に充当出来る金額にも制限が生じて当然です。 分譲物件に関しても、大企業の場合、自社関連会社が建築施工の新規物件はそのまま管理委託出来ますが、入居者が形成運営する管理組合の意向もあり、各社の誠意的な対応と地道な交渉が従業員の収入アップの鍵となっています。ちなみに管理組合側との金銭面の折衝を最前線で担当するのも、フロントの重要な職責となっています。

契約社員・アルバイト従事者の年収

一定規模以上の不動産管理業者の場合、定年後の60歳以上も応募可能など、中高年者にも門戸を開き、自社管理物件常駐もしくは複数の物件を巡回管理する「管理清掃担当者」を契約社員もしくはアルバイト形態で雇用しています。 給与支払いに関しては「年俸制で12等分の月額支給」「時給換算」など各社に因って異なっていますが、各都道府県の最低賃金が細かく改定される昨今の傾向を受け、時給制を採用する企業が増えて来ています。金額面に関しては先に述べた通り、比較的高齢者を積極的に採用する傾向から、他業種と比較すると控え目な金額設定になっていますが、第二の人生も引き続き仕事がしたい応募者と、少しでも人件費を抑えたい企業側双方の意向が合致している為、今後もこの傾向は継続すると予想出来ます。

下請関連会社の年収(OBなど)

先に触れた一定規模以上の不動産管理業者で定年退職を迎えた人達の更なる受け皿として、下請関連会社を設けている企業も見られます。主にワンポイントの自社管理物件の清掃管理あるいは外部から発注を受けた現地物件での単発の清掃作業が主な仕事となり、時給面は各都道府県設定の最低賃金ギリギリというのが現状です。在籍登録しておけば自身の都合に応じて「働きたい時だけ働ける」点が、他業種ではリタイアを余儀なくされる年齢に達した方々にとっては嬉しいメリットだと言えるでしょう。 各企業の定年設定が65歳から68歳、更には70歳も視野に入り始めている現状から、年収に拘らず働きたい人達の職域は広がりを見せてくると思われます。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.