不不動産管理業の転職と自己PR

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業の転職の基礎 >> 不動産管理業の転職と自己PR

不動産管理業の転職と自己PR

書類選考、面接選考の際にもポイントとなるのは自己PRです。これは自分がどのような人材で、採用されることによって企業側にどのような利益を還元できるのかを伝えるチャンスとなります。履歴書に自己PR欄がある場合には、面接選考の際にはこの部分を基にして質問される場合も珍しくありません。「この人材は興味深い」と採用担当者に思わせることができれば、採用に一歩近づくことができます。

自分がどのような人材をアピールする際は、就職・転職希望の業種で必要とされる点を踏まえることがポイントです。つまり、不動産管理業において必要とされる人材とはどのような特徴があるのかをよく研究・調査することが大切です。大手の不動産管理業者であれば未経験者であっても積極的に採用します。業界未経験であっても、企業内研修やメーカー側が主催する勉強会などに参加することで、一通りの業務を行うために必要な知識やスキルを身につけることができるからです。業者側は、採用者が積極的に学ぶ意欲を持っているか、柔軟性を持って事態に対処することができるかなどに重点を置くでしょう。自分がこれまで経験した仕事において、これらの点をどのように実践していたかをアピールすることも一つの方法です。また率直に自分のやる気や意気込みを伝えることも効果的といえるでしょう。

もう一つのポイントは企業研究です。応募した業者がどのような特徴があるのか、どのような方針のもとに経営を行っているのかを、徹底的に理解することが必要です。自分が企業の特徴、方針、理念にどのような形で適合し、利益を還元したいと考えているのかを伝えましょう。自分の長所を上手にアピールすることが大切ですが、「自分は優秀な人材なんだから採用して当たり前」という雰囲気を醸し出すことは気を付けましょう。どの年齢層であっても、謙虚な気持ちでいることは採用のカギを握ります。

自己PRでは、これまで自分が経験してきた職業が成長にどのように役立っているか、また不動産管理業で働くことで、どのように成長したいと考えているのかも、忘れずにアピールしましょう。不動産管理業に限らず、企業側は向上心がある人材、チャレンジ精神がある人材に魅力をもちます。また企業側から得られるもの、給与や福利厚生などに注意を集中しているよりも、自分が企業側に何を与えることができるか、還元できるかを考えている人材を採用したいと思うものです。不動産管理業は未経験者・経験者であっても活躍できる環境が多くあります。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.