賃貸マンション管理の採用職種の分類

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の採用職種の分類 >> 賃貸マンション管理の採用職種の分類

賃貸マンション管理の採用職種の分類

賃貸マンション管理業者の中途採用告知は、他業種と比較して積極的に掲出されている傾向が見られます。告知文面に明記されている各職種が具体的にどのような業務を担当するのか、ここで事前に確認理解しておきましょう。

物件管理者

「固定得意先管理」「物件管理全般」といった文言が用いられるケースが多々見られますが、主な業務は管理物件オーナーに代わり、賃貸契約を交わした入居者からの要望や意見に対応する「対入居者関連業務」と、会社的に1番のお得意様であるオーナーとの信頼関係の構築継続がメインの職責となります。 管理会社の規模や携帯に因って詳細は異なりますが、例えば廊下階段の照明器具の不具合や、階段老化の汚れなどを指摘され、現地の(主に下請業者)清掃員の対応では不十分であれば、自らが駆けつけて早急に対処する事で、居住者側の不満がダイレクトにオーナー側に届く事を未然に防ぐなど、管理担当者のフットワークが自社の信用に直結する重要なポジションを担います。 他にも他の賃貸物件の管理権を自社に乗り換えて貰うべく、水面下で営業活動を展開したり、新規入居者を斡旋してくれる賃貸斡旋業者との円滑なコミュニケーションの維持など、常に空き部屋を最少戸数にとどめ、居住者並びにオーナー双方からの不平不満が生じぬ環境維持に努める、多方面への気配りと速やかな行動力が求められる職種です。 こうした現状を十分確認せずに応募から採用後、現場で求められるスキルに自身の能力と仕事に対する姿勢自体が追いつかぬ新人の早期離脱傾向も見られ、「3ヶ月持てば1年持つ。1年頑張れたならその先は努力次第」と囁く業界内の人は少なくありませんが、自身の仕事のペースをコントロール出来るようになれば、心身に余裕を持って従事出来る職業でもあります。

新規開拓営業担当者

賃貸物件管理会社の中には、上記の総合的な現地対応スタッフ以外に、自社の新規取引先開拓部門を単独に設け、新規取引先開拓の余念がありません。当然営業に専念する優れた人材の確保が必須であり、不定期に募集告知が掲出配信されています。 具体的には先ずは情報収集から見込み物件を発掘し、オーナーを着き止めアプローチから見積提示という、旧来の取引先開拓を実践して行きますが、一昔前とは異なり、個人情報や企業情報の保護に関する意識が強まっており、一朝一夕には成果を上げる事は困難な地道な努力の継続を求められる職種です。 部屋数が多い物件の管理権を獲得出来た時の達成感は格別であり、それまでの努力が報われた満足感と同時に、次に更なる大きな契約にチャレンジするファイトが湧き上がって来ると語る声も多く、自身で色々と戦略を練り実践して行く、フロンエィア精神を持つタイプに適していると言えるでしょう。

各種取引業者の窓口も事務職の仕事

賃貸管理会社には、常に賃貸入居者や賃貸斡旋業者、更にはオーナーからの問い合わせの電話が着信し、それらに最初に対応するのも事務担当者の重要な職責であり、電話対応の声色や口調が相手に好印象を届ける人材を企業側は当然欲します。 分譲マンションでは入居者各戸が独自で契約すべき、火災保険など入居に際して必要な損害保険関連の顧客対応など、損害保険代理店的な業務も管理会社の管轄であり、多くの場合は新規入居契約時に自社推薦の損害保険契約加入を勧め処理するなど、特に新規入居者に対する数々の重要な契約処理対応を担います。誤字脱字など書類作成時のケアレスミスが、後々の深刻なトラブルに繋がる懸念が避けられぬ為、仕事に正確性を強く求められる職種である事も知っておきましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.