分譲マンション管理の採用職種の分類

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の採用職種の分類 >> 分譲マンション管理の採用職種の分類

分譲マンション管理の採用職種の分類

ここでは不動産管理業者が称する職種名称と、中途採用募集の傾向に関して補足しておきたいと思います。先ずは分譲マンション管理業者に関する基礎知識からご確認ください。

フロント業務

基本は本社もしくは最寄支店(営業所)へスーツスタイルで出勤するスタッフで、正社員もしくは契約社員契約での中途募集が定期的に告知されています。限られた告知文では「固定得意先管理」「マンション居住者並びに現地管理人管理」といった表現が用いられるケースが多々確認されています。 実際には「分譲マンションの管理組合の運営」「現地管理人の指導管理」「緊急事象に対する対応」「各物件に出入りする外部業者との折衝」「居住者各戸からの要望への対応」など、担当物件の居住者が安全に生活出来る環境整備全般の責任者が職責となります。 企業の形態に因っては現地清掃員を外部下請業者に委託しているケースも見られ、更には各物件毎に異なる規約が存在していますので、仮に1人で10の物件を担当する場合、各々の管理規約を個別に把握管理するのみならず、各々異なる出入り業者の把握や年間作業日程の管理、何より十人十色の数百あるいは千戸単位となる居住者の中から、特に「要注意」と判断すべき存在を的確に捉え、細心の注意を忘れぬ対処が求められます。心身共にハードな一面が否定出来ませんが、居住者や取引先から信頼されている事を実感出来た時の達成感はフロントだからこそ実感出来る「仕事を通じて得られる宝物」に他なりません

現地管理作業員

担当物件に直行直帰通勤もしくは常駐(住み込み)で清掃管理全般を担当するのが現地管理作業員です。定年後の60歳以上の応募者にも門戸を開く一方、将来のフロント候補者を確保する企業側の意向からか若い世代も増加傾向を見せる職種です。 主たる業務は清掃作業及び共用部設備の保全管理全般で、自身で対処出来ないトラブルに関しては、速やかに担当専門業者を手配して早期解決に努める判断力と行動力が求められます。何より居住者や近隣住民からすれば「管理会社の顔的存在」となるポジションであり、円滑な人間関係を構築維持し、地元の一員として認知される事も大切な職責です。 企業側が優秀だと判断した場合、あるいは本人の希望と企業側の意向がマッチした場合、フロントや新規採用の管理作業員の研修係への転属の道も用意されているのが一般的です。他の仕事との兼業が認められるケースも見られ、安定した収入確保と企業に所属している社会的信用度の確保を目的に、個人事業主や他の外勤先に従事中の応募者も少なくありません。

事務職全般

配属先での事務作業全般を担います。各物件の現地管理作業員から不定期に郵送される書類や、フロントが処理を委ねる各種書類などの処理対応、必要データの入力、経理面全番から社内通達の文面の作成から現地各地へのファクシミリ送信など、個別に稼働している各管理物件と飛び回るフロントのターミナル的存在が事務職担当者です。 企業に因っては1つの支店(営業所)数十から百棟単位の物件の数千戸の入居者を管理する為、迅速正確な事務処理能力が求められますが、基本カレンダー通りに土日祝は休日を確保出来る為、仕事とプライベートタイムを明確に分けたいタイプの方には適した職種だと言えるでしょう。特に専門的な資格や知識を求められる傾向も見られぬ、応募者にとっては間口の広い中途採用募集であり、大規模企業であれば福利厚生面を含めた安定性も魅力です。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.