テナント物件管理の採用職種の分類

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の採用職種の分類 >> テナント物件管理の採用職種の分類

テナント物件管理の採用職種の分類

集合住宅とは異なり、各種異業種の企業や店舗が各々異なる賃貸契約を締結の上入居するテナント物件の管理には、より複雑な処理対応と専門知識が求められる傾向が否めません。

担当物件管理担当者

テナント物件が小規模な建物の場合、オーナーから諸業務の代行委託を受ける、賃貸マンション管理に準じた業務内容を職責とする担当者の中途採用募集も見られますが、大規模商業施設や百戸単位のテナント事務室が並ぶ高層ビルなどの管理の場合、とても担当者1人では捌き切れる筈も無く、複数の担当者更には1物件に対して自社内で1つの部署を構える形で管理対応に臨むスタイルも珍しくありません。 後者の場合、入居しているテナント企業や店舗側も管理業者側も、特定の担当者を常に把握している関係では無く、あくまで「企業対企業レベルの信頼関係」が根底に求められる事となり、管理業者内での円滑な意思疎通とチームワークがより重要視される職責と言えます。例えば予期せぬトラブル対応に外注の専門業者を派遣する場合でも、集合住宅であれば事前告知から対応戸スケジュールを管理業者側主導権で設定手配できますが、複数のテナント物件の場合はその限りではありません。常日頃から入居企業や店舗の事情や都合を把握の上、速やかに全体が了承して貰えるであろうスケジュールや作業方法を決定実践するスピード感も不可欠です。 一定の社会人経験を有する中途採用者をより確実な即戦力として企業側が求める大きな理由が、こうした求められるスキルの高さにも確認出来ます。

新規開拓営業担当者

全国各地で次々と新たなテナントビルの建設が絶える事が無い状況下、新規契約の取得が管理業者の安定経営から成長に欠かせぬ事は、今更言葉にするまでもありません。集合住宅管理業者と比較しても、新規開拓営業担当者の充実が各管理業者にとっては必務ですが、企業相手の営業活動である以上、相応の経験値や専門知識など、営業担当者は企業を代表して見込み業者の攻略に綿密な戦略を立て、あらゆる合法的手段を用いて自社との契約締結を目標に、時に中長期的な営業活動を重ねて行きます。 建物ワンフロア全体の賃貸契約ともなれば、保障金等を含め大きな金額が動く契約となり、時には双方の担当者が各々のトップクラスの人間同士の会談をセッティングするなど、対自社内の上の人間に動いて貰える営業展開も不可欠であり、自社全体を自らが指揮するような立ち位置で新規契約取得に臨む場面も経験出来るかも知れません。ビッグビジネスの醍醐味にチャレンジしたいと希望する方々であれば、選択肢の1つとしてお薦め出来る職種だと言えるでしょう。

事務職全般

賃貸契約の内容が複雑かつ金額も高額となる事務処理が中心となる為、保険や各戸入居スペースのライブラインのメンテナンスを個別の業者に委託するなど、集合住宅管理のように「基本1棟に担当者が1名で出入り業者も固定」とは行かないのがテナント管理物件の現状です。 このため事務職担当者に何より求められるのが、各取引先との正確な相互情報伝達と正確迅速な諸々の処理であり、対峙すべき各事象に対し、相手側のペースに合わせて柔軟に対応出来る能力を有する人材を管理会社側は求めています。いわゆる「仕事は丁寧だけどマイペースを譲らずスピード面に不安を覚えるタイプ」では、時に仕事を捌き切れない場面が生じるかと思われます。テナント物件は24時間年中無休で稼働している建物も多く、事務職の勤務時間も管理会社に因って基本設定が異なっていますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.