不動産管理業の条件別の求人

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 条件別の求人

不動産管理業の条件別の求人

不動産管理業の求人告知に際しては、複数の雇用形態や特定の資格保有者のみの応募資格を設定するなど、条件別の中途採用告知が掲出されるケースが少なくありません。全てが以下に述べる限りではありませんが、同業界特有の特徴と傾向の確認もまた大切な事前作業です。

フルタイムから短時間勤務まで

管理物件の種類を問わず、いわゆる正社員の中途採用以外にも、主に分譲マンション管理業者の現地管理員や巡回技術者の場合、現地物件の管理組合と企業間の契約内容に沿った形での従事者の募集も多く見られます。例えば「週3回1日3時間のみ」「毎月提示される勤務シフトに沿って」といったフルタイムでは無い勤務形態での契約社員募集も少なくありません。 こうした社員の場合、給与支払いに関しても「年俸を12等分」「契約社員でも時給換算」など、全てが固定給に賞与や残業代が加算されるスタイルとは限りません。、あた福利厚生面でも労災保険は全ての従業員の加入が法律で義務付けられていますが、社会保険に関しては1ヶ月単位の勤務時間が基準に達しない契約の場合は加入除外となる為、事前の確認を徹底してください。 また巡回技術職の場合、緊急事態に備える職責であれば24時間稼働の中での交代制勤務で、年末年始や深夜勤務も視野に入れておく必要が生じる為、いわゆる背広組(=フロント職)とは全く異なる拘束時間での勤務である点を踏まえておきましょう。 事務職の場合は基本土日祝の休みが設定されていますが、テナント管理業の場合は必ずしもその限りではありません。不動産管理業者の特徴として、職種に因って勤務時間や休日のサイクルが全く異なり、企業自体は24時間何らかの部署が稼働している事を知っておいてください。

普通自動車運転免許は必須

事務職や現地管理清掃員を除く中途採用に際しては、普通自動車運転免許は必須であると捉えておいて間違いありません。各企業が管理している物件は当然各方面に点在しており、営業車での異動が基本となる以上、運転免許所有者が応募資格となるのは至極当然です。 但し不動産管理に関連する資格に関しては、応募条件に謳われる事は殆ど無く、多くの従事者は入社後に自身の意思で勉強して取得しているケースが大半です。同じ企業に属していたとしても、各々の専門分野が異なれば、当然将来的に目指す資格も異なって来ます。但し資格の有無が社内での評価や給与査定に何らかの影響を及ぼすのも事実であり、自身の知識面のスキルアップが収入アップに反映する業種と判断しておいて間違いありません。

健康状態重視の傾向

一定規模以上の不動産管理業者に共通して見られる傾向として、社員の健康管理に重点を置く姿勢と、入社試験に際しての健康診断を徹底している点が挙げられます。特に大手と位置付けられる企業の場合、健康診断の内容も細部に渡る本格的な場合が大半であり、採用後健康上の理由でリタイアとなってしまう事で生じる諸々のリスク回避に対する毅然とした企業側の姿勢が垣間見えています。 残念な事例として、採用が決まり研修勤務開始後に直前に受診した健康診断の結果が引っ掛かり、僅か数日で退職を余儀なくされる人の存在も多数確認されています。勿論他の全ての業種への応募に際しても共通する事ですが、自身のリアルタイムの健康状態を正しく把握し、不安点が有れば正直に申告すると同時に治癒に努める姿勢が結果、応募者と企業側双方が「残念」とならない為にも大切である事を、この機会にしっかり認識しておきましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.