不動産管理業の将来性

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 将来性

不動産管理業の将来性

とりわけ若い世代にとっては、転職先企業の業界の将来性を見極める事が、結果「転職成功」に繋がります。また中高年層にとっても、自分達の世代にどの程度門戸が開かれているのか、何歳まで勤務が可能なのかなど、自身のライフプランを長期的に描ける転職先の選択が重要です。ここでは不動産業界の将来性に関し、幾つかの角度からご一緒に検証してみたいと思います。

更に可能性が期待出来る業界

結論から明記すれば、不動産管理業は現在から将来に向け、非常に期待出来る業種であると判断出来ます。その代表的な根拠として、戦後高度成長期に建造された集合住宅が耐久年数を超過する時期を迎えており、より総戸数の多い大規模集合住宅の建設が、今後更に増加傾向を見せる点が挙げられます。半世紀前は専門管理業者が管理するシステム自体が黎明期手前でしたが、昨今の集合住宅やテナントビルでは専門の管理業者の存在が不可欠であり、今後より最新の設備を搭載する建てモノが増加すれば、それらに対応可能なよりハイレベルな管理業者のニーズも高まって当然です。 一昔前であれば下請け業者に現地清掃管理インを委託し、時折監視役として俗に言う背広組が巡回するシステムでも「物件管理」と称する事が可能でしたが、それは過ぎた日のお話です。管理物件の種類別に、各々大小さまざまな企業が市場で自社管理物件のシェア拡張に鎬を削っていますが、今後はよりハイレベルな知識と技術を有する業者の「独り勝ち傾向」に拍車が掛かるとの予測の声も聞こえています。業界内での淘汰が進む中、発展成長する企業はその加速度を増して行く事でしょう。

諸々の権利と責任重視傾向も追い風に

近年日本国内でも、欧米諸外国に準じる「権利」「責任」といった「形が存在しない大切な概念」に対する注目度が急上昇しているのは周知の通りであり、不動産物件もまた、こうした諸々を「守る」事が不可欠な施設だと言えます。例えば集合住宅のポストは個人情報の引出が並ぶ場所であり、居住者の個人情報を現場の最前線かつ最後の砦として守るのは、管理会社の現地担当者に他なりません。あるいは企業や店舗が入るテナント物件に於いても、重要な社内機密の保護などの観点から、出入り業者を厳しく制限する傾向が増しており、これらを統括監視するのも管理業者の重要な職責です。 「トラブルが起これば迅速に対応」の時代から、更に想定出来る数々のリスクを予知し、最大限未然にリスク回避出来る管理業者が求められる時代が、既に訪れているのです。当然外部からそうしたニーズに対応出来る優秀な人材を募集する事が、各企業の安定経営から成長に不可欠であり、今後も不動産管理業界全体が更なる成長進化を見せて行く事、間違いありません。

中高年が最前線で活躍出来る舞台

世間一般の企業では「定年」とされる60代の人材にも積極的に仕事出来る環境を提供しているのもまた、不動産管理業の見逃せない特徴であり、更に「68歳定年」「70歳定年」を実施する企業も増加傾向を見せています。自社に貢献した優秀な人材はOBスタッフとして、後輩新人の指導やアドバイス業務、更には中高年現役清掃管理員を訪ね、悩み相談などに応じるカウンセリング業務を任せるなど、他の業種では雇用契約が期待出来ない年齢まで従事出来る可能性が期待出来る、年長者には嬉しい業界です。 但し所属人材の健康状態のチェックは厳しく、各社が設定する健全な健康状態では無い場合、継続就業不可と判断されてしまいます。自社スタッフの勤務中の体調不良発症と急な欠員の発生を防ぐ目的で、特に大手企業ではこの姿勢が徹底されています。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.