不動産管理業の休日

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 休日

不動産管理業の休日

不動産管理業では休日を土日に設定している会社、水曜日と他の平日に設定している会社、水曜日と日曜日に設定している会社など様々ですが、平日の場合多くの会社で水曜日が休みとなっています。不動産業界では水曜日の休みが当たり前のようになっていますが、これには理由があるのです。水曜日=水、ということで、「契約が水に流れる」という意味で水曜日は契約を避ける日とされているからです。ただし、1月から3月の繁忙期になると休日の取り方もあいまいになることがあります。あまりに忙しいため決められた休日を取ることができず、交代で休日を取っている会社もあるようです。

ただし、不動産管理業の中でも物件の管理を任される会社の場合、休日も出勤しなくてはいけないことが多いのが現状です。例えば管理している物件に何らかのトラブルが発生した時。それが休日でも担当者として知らん顔をするわけにはいきません。休日返上で対応にあたることになります。また、管理物件の住民による総会などは土日に開催されることが多く、管理の担当者が欠席することはできませんので土日休みの会社に勤めていても、総会の日は出勤になるというケースもあります。もちろん、休日を返上して働けば、代休がもらえます。何日も休みを取らずに働くということではありません。あらかじめ決められていた休みの日が変更になる可能性が高いということです。また、休日に出勤すれば休日手当を出す会社も多いので、休日に働いた分は給与で還元されるケースがほとんどです。ただし、休日に働かないまでも、物件に関する電話がたくさんかかってくることはあります。不動産管理という仕事は物件の所有者の代理人であり、責任者でもあります。入居者からの問い合わせやオーナーからの電話などが休日にかかってくることもありますので携帯電話は手放せないという人もいます。

最近では物件の管理人を立てるなどして、社員にしっかりと休みを取らせようという会社も増えてきました。このような風潮の会社は求人の中でも人気が高くなっています。きちんとした休日が取れるのかどうかは面接の時に確認できます。休日出勤があるとしてもどのくらいの頻度なのか、その際の手当てや代休などはどうなるのか、など面接の時にしっかりと確認しておくことが大切です。給与や休日のことを聞きにくいからと何も確認しないまま入社してしまうと、「こんなはずではなかった」という事態になってしまいます。面接時にしっかりと確認をして納得をしたうえで入社を決めることが重要なのです。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.