不動産管理業の市場規模

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 市場規模

不動産管理業の市場規模

不動産管理業界の過去の市場規模などを見てみると、平成18から22年ぐらいまでは、ほぼ横ばい傾向でしたが、平成23年を過ぎてからは増加傾向となりました。現在では7000億円以上の市場規模まで増加しています。過去に起きたリーマンショックなどの経済危機の影響で、不動産市場は一時的に低迷しましたが、ここ数年で新築マンションの建設ラッシュやオフィスビル賃貸などによって、徐々に右肩上がりになっています。また経済成長が著しい、中国への進出によって大型オフィスビルや複合施設に関わる管理業務の受注が増えることによって、業績を着実に伸ばしていることも活況の一つの要因として挙げることができます。

以前は、不動産メンテナンスに関してはメーカー系が強く、管理業者はマンション分譲系が強い傾向が見られていました。近年では、メンテナンス・管理業務共に、低価格戦略やトータルサポートなどで各業者が他との差別化を図り、力をつけているため競争が激化しています。低価格競争においても、利益を確保するために作業効率や外注への見直しなどの業務効率化も必要とされています。今後は、バブル期前後の建設されたマンション群の老朽化や高齢化により、不動産管理業務は重要性が高まり、一層の市場拡大が期待されています。その他にも、改正省エネ法や自治体環境条例などによって、テナントへの消費量情報の提供といった新たなニーズが発生しているのも、不動産管理業界の拡大に寄与すると考えられています。

売上高で見た時の不動産管理業界主要企業には、三井不動産、イオンディライト、日本総合住生活、大京などが挙げられます。こうした企業に加えて、合計10社で業界売上高の約30%を占めています。大手企業を中心に、総合ファシリティマネジメントサービス事業をめざし、不動産施設の管理、清掃から警備、修繕、エネルギー消費管理に至るまで、トータルでのサービス提案に取り組んでいます。こうした体制強化のために、業界再編の可能性も予想されています。

時代と共に、不動産管理業者に対するニーズや期待も一層高くなっています。管理物件の清掃や警備などを行うだけではなく、トータル的な管理システムが必要となっています。こうしたニーズは今後もハイレベルになると考えられています。そのため、こうした入居者やテナントのニーズに迅速に正確に対応することができる、優秀な人材確保が各企業の今後の市場拡大には不可欠と考えられています。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.