不動産管理業のアルバイト・派遣

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> アルバイト・派遣

不動産管理業のアルバイト・派遣

不動産管理業には、普段は気にならずとも「そう言えば」的なポイントが幾つも隠れています。ここでは肩の力を抜いてご一読いただける、豆知識的なお話を3つ、紹介させていただきます。

意外と見掛けぬアルバイト募集

不動産管理業に関するアルバイト募集告知が、実際には皆無同然である事にお気づきでしたか?それには当然、業者側のみならず顧客側にとっても、非常に重要な「理由」が存在しているからに他なりません。 居住者にとっての自宅とは、心身共に最もリラックス出来る空間、そしてテナント入居している店舗や企業にとっては、職場であり重要機密や高額な商品が24時間保管されている場所であり、同じ建物内に居住あるいは出入りする全ての人達が、安全かつ安心出来る存在でなければ、当然快適な空間とは言えません。不運にも予期せぬ事態が生じた時、何より頼るべき存在は現地常駐の管理人であり、物件を管理する担当業者なのです。 想像してみて下さい。皆さんがお住まいのマンションの管理人がどう見ても20歳前の学生のアルバイトで、しかも日替わり。勝手が分からず携帯片手でしきりに所属先にあれこれ尋ねるばかりの姿を見せられたとしたら、どんな風にお感じになりますか? 不動産管理は一朝一夕でこなせる職責ではありません。入居者に信頼して貰えない以上、管理業に着手する事は出来ないのが現実なのです。この事を踏まえ、皆さんの住居や勤務先が在る建物の管理人さんや管理業者の担当者を思い浮かべてみて下さい。えっ?・・・どんな人だか知らない・・・

派遣斡旋を見掛けぬ理由

上記と重複しますが、同じく不動産管理業が派遣先に見られないのも同様の理由からです。但しごく稀ですが、管理会社名で募集を募り、実際に従事するのが下請関連清掃業者で、大規模商業施設の清掃業務あるいはディスプレイ変更に伴う移動作業等という事例が確認されています。対して分譲賃 貸を問わず、集合住宅内での作業に関しては、仮に「誰にでも出来る」と表向き判断出来る作業内容であったとしても、1日限りもしくは短期契約者を自社所属スタッフとして現地に派遣する事は通常ありません。居住者のプライバシーを守り侵害してはならない職責である以上、過ちを犯してしまった当事者に悪意が無くとも、責任の所在の特定など非常に複雑な状況を招き兼ねないのが1番の理由です。 所属全社員の人物像に関し、雇用主の各管理会社は徹底的に確認把握しているからこそ、居住者台帳など入居者の個人情報の管理を任せる事が出来ているのです。

理想は「やさしく頼れる何でも屋さん」

理想的な現地管理清掃員は「時間限定のやさしく頼れる居住者」というのが理想です。昭和の時代の管理人さんと言えば、年配の強面無愛想な男性が仏頂面で不機嫌に黙々と掃除や水撒きをしていて、意味も無く怒鳴っている・・・現在一定年齢以上の皆さんなら、そんなイメージが根強いかと思います。ですが今日これでは到底勤まらないどころか、管理会社から採用の二文字が届けられる事も期待出来ません。 新たに赴任直後の管理人さんに対しては、全ての居住者は限りなく厳しく興味深い視線を注ぎます。この時期に「働く背中で何を伝えられるか」で全てが決まる世界です。「着任から数ヶ月、いくら挨拶しても無視だった方が今では日々差し入れを届けてくれます」と語る管理人さんは数え切れません。退社や異動を知った居住者が「辞めさせないでください」と陳情し、全員涙・・・そんな愛された管理人さんのエピソードも絶えない職域です。「人生最期の仕事がこれで、自分は幸せでした」と語りつつ引退された方々に、皆さんも続いてみませんか?

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.