不動産管理業の退職金

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 退職金

不動産管理業の退職金

不動産管理業の求人告知に際しては、複数の雇用形態や特定の資格保有者のみの応募資格を設定するなど、条件別の中途採用告知が掲出されるケースが少なくありません。全てが以下に述べる限りではありませんが、同業界特有の特徴と傾向の確認もまた大切な事前作業です。

フルタイムから短時間勤務まで

不動産管理業の求人の多くは福利厚生として退職金があります。もちろん、会社の方針で退職金制度がないという会社もあるかも知れませんので、求人票であらかじめ確認しておくことが大切になります。退職金については、民間企業では必ずしも支払の義務があるわけではありません。法律上では会社の判断によります。しかし、不動産管理業の多くの会社では長期雇用のために退職金制度を設けています。ただし、制度があるからといって規定が皆同じということはありません。

就業規則などに書かれている細かい退職金についての規定は会社によって違いますので、入りたい会社の退職金制度がどうなっているのかが気になるのであれば、面接の時にはっきりと聞いておきましょう。入社の面接で退職金のことを聞きにくいという人もいますが、不動産管理業を長く続けようと思うのであれば、最初に分からないことについてしっかりと聞いておくことが、後のトラブルを防ぐためにもとても大切なのです。不動産管理業の業務内容によって退職金が大きく変わるということはありません。入社する会社によって退職金の額も支払の条件も変わってきます。同じ会社に勤めている場合、仲介業だから退職金がいくらになる、メンテナンス専門だから退職金がいくらになる、といった違いもありません。退職する時にどれだけ長く勤めたか、どのくらい会社に貢献したか、などを考慮して規定に沿った金額が決定されています。

不動産管理業の会社の規模によって、金額の差はあります。それは、会社の設ける退職金の規定が違うからで、大手の不動産管理業では多くもらえる傾向にあるようですが、中小の不動産管理業でも退職金を重視しているところでは金額が大きくなることもあります。はっきりとどのくらいもらえるのか、は入社時には明確に答えが出ませんが、面接の時に規定について聞いておけばおおよその目安がつくはずです。宅建や建築士など、仕事に役立つ資格を持っている場合には、退職金で差が出るというよりも、月々支払われる給料に付随する手当で差が出ることが多いようです。

求人を探す時の注意を退職金という点についてまとめると、退職金の有無の確認はするべき、というのが一点。退職金の規定について面接時に確認するべき、が一点。この2点について最初に確認しておけば安心です。退職金以外の福利厚生についても、面接の時に不明な点があればしっかりと確認しておくとさらに安心です。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.