不動産管理業の研修

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 研修

不動産管理業の研修

不動産管理業は、安定して新卒者・中途採用を行っています。業界内外を問わずに有能な人材を採用する傾向があります。不動産業界などの経験者であれば、管理業に関わるノウハウや知識を持っていますが、新卒者や異業種からの転職であれば、一から知識や資格を学ぶ必要があります。不動産管理業者の多くは社内外での研修体制に時間とコストを充てて、十分な教育・研修体制を整えています。中途半端な知識では、十分に業務に携わることができないことも理解できます。そのため不動産管理業への転職を考えている人は、例え経験がなくても学ぶ姿勢を示すならば、採用される傾向があります。

不動産管理業者の多くは、実地研修と講義研修を通して管理業に必要とされる知識、ノウハウを教育します。大手業者であれば、独自の研修センターを設けていることも珍しくはありません。実地研修では、受変電設備、空調・換気設備、給排水設備、消防設備など、設備機器全般に関わる研修を受けます。住民のクレームには設備故障に関わる事柄も多くあるため、そうしたクレームに迅速に対応するためにも必要とされる研修となっています。また設備機器に関わる専門技術を習得し、可能であるならば資格取得を目指すため、設備機器メーカーを招いて、講習会や勉強会を開催することもあります。

また入社時に研修を受けるだけではなく、個々の管理技術や能力に応じてスキルアップを図るため年次研修やマネジメント研修を設けている管理業者もあります。管理現場において必要とされる資格取得のための研修や、救命講習など施設管理において必要不可欠な知識を習得することが、継続的に求められます。

不動産管理業においては、建物や設備機器などのハード面だけではなく、ソフト面、つまり入居者間で生じるような問題対応についても研修を受けます。家賃滞納者に対する基本的な督促方法の流れや、その際に必要となる書類や法的手続き方法なども学ぶことになっています。こうした部分は都道府県により異なる場合もあるため、転職や異動先で再度学ぶ必要がある場合もあります。

入居者が快適に生活してもらうためには、不動産管理業としての果たす役割が非常に大きく関わってきます。また大規模集合住宅が主流になっている現在では、入居者のニーズも多様化している傾向があります。そうしたニーズに応えるためにも、現状に満足することなく絶えず学ぶ姿勢を持ち、業務に取り組むことが必要と考えられます。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.