不動産管理業に多い悩み

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 多い悩み

不動産管理業に多い悩み

不動産管理業で働く人に多い悩みには以下のようなものがあります。

1)休日の仕事が多いこと
2)オーナーと入居者の板ばさみになること
3)残業が増えてしまう

1)と3)については、不動産管理という仕事の特性上どうしても発生してしまうことです。例えばマンションの管理を任されている場合、土日には管理組合の会合があったり、オーナーさんのお休みに合わせて動かなくてはいけなくなったりと土日にお休みを取るのが難しくなりがちです。平日の休日であっても管理物件にトラブルが発生すれば休日を返上して駆けつけなければいけないこともあります。担当者が複数いればよいのですが、自分ひとりが担当という場合には対応に追われます。もちろんほとんどの会社で休日出勤に対する手当てを出したり、代休を取れたりしますので、無休で働かなければいけないということではありません。残業についても同様で、残業手当などが支給されますので頑張った分だけお給料へと反映されていきます。休日の対応や残業については面接の時にしっかりと確認することが大切です。不動産管理業が長く続かない人の多くは、不動産管理業の現実を理解していない人です。単に激務ということではなく、他の業種に比べて責任を持って対応しなければならないケースが多いということですから、会社がどの程度まで社員の働きに対して利益を還元してくれるのかを最初にきちんと確認しておくことが重要なのです。

2)のオーナーと入居者の板ばさみ、についてですが、人間関係のトラブルに巻き込まれたり、マナーの悪い入居者への対応が大変だったりというケースが多く、オーナーの希望と入居者の現状がなかなかマッチしない場合、その折衝をしなくてはいけないので精神的に大変な面が多いということです。入居者の中には近隣住人に迷惑をかけたり、家賃をきちんと支払わなかったり、共有スペースを汚したりするマナーの悪い人もいます。マナーの悪い入居者への対応も管理を任されたものの仕事ですから、入居者の管理をきちんと進めていかなければいけません。そして、時にはオーナーの言い分と入居者の言い分が異なることもあります。そんな時も管理会社の担当者が間に立って、大きなトラブルに発展しないようにすることが大切です。人間同士の付き合いですから、上手くいかないときには大変と感じる人が多いようですが、反面で人とのつながりを感じられる仕事ですからやりがいを常に感じることのできる仕事ともいえます。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.