不動産管理業の離職率

総合保険代理店求人TOP >> 不動産管理業に関するコラム >> 離職率

不動産管理業の離職率

新天地への転職に際しては当然、離職率に関しても事前調査が不可欠です。四季を通じてコンスタントな中途採用が実施されている不動産管理業は果たしてどうなのか、ここで確認しておきましょう。

終身勤続者と中途離職者のコントラストが鮮明

大手管理業者の場合、フロントから管理職候補の新卒社員と、同じく中途社員、更に各部門の専門技術職に中高年を中心とした現地清掃管理員から攻勢されるのが一般的です。近年の住宅事情からも明らかな通り、一戸建て住居よりも一定規模以上のマンションの新築の割合が増加傾向を顕著にしています。当然分譲マンション管理業者は新規開拓で獲得した自社管理物件担当者の増員を積極的に実施せねばならない状況となっており、結果コンスタントな中途採用募集の大きな理由となっています。 興味深い傾向として、新卒入社で離職する人は比較的早期、入社後1年以内から数年での離職となる比率が高く、一定時期在職すれば定年まで中長期的に勤務する傾向が見られます。離職の理由に関しては人それぞれですが、大学在学中の就職活動の際、1日も早く内定を勝ち得る事をゴールに設定してしまい、自身の入社後のビジョンや適性をしっかり見極めていなかった事が、結果労働意欲の減衰に繋がってしまう、そんな人が多いのではと推察されます。 賃貸マンション管理業者やテナント管理業者に関しても、共通した傾向が確認されており、不動産業=安定=堅実といった、自身が努力する事よりも「在籍していれば安泰」的な考え方で実社会にデビューしてしまった人達が、結果他にチャレンジしたい事を見据える事も無く、何となく退職してしまうケースが見られています。

誠実柔軟な適応姿勢が鍵

不動産管理業は間違いなくサービス業であり、親切丁寧迅速な顧客対応が不可欠です。しかし「管理」という二文字から連想するイメージと、特に誰もが知る大手企業名が冠に付く業者に入社した方々の中には「会社名イコール自身が偉い」と錯覚してしまう、残念な人達も一握り見られるのが現実であり、加えて「管理」を「上から目線での見張り焼く」的に解釈してしまい、結果大切な顧客である居住者や入居者各位からのみならず、下請け業者などからも「失格」の烙印を押された挙句、最終的に退職となる展開が、残念ながら時折確認されています。 本人は高い仕事能力と専門知識を有し、一生懸命職責を全うしているつもりが、自身のスタンスを誤ってしまったばかりに、自ら職場を去らざるを得なくなってしまっては泣くに泣けません。こうした人達に見られる共通した傾向として、例えば「そんな事は下請けにやらせておけば良いのだ」「住民が細かい事言って来ているが、放っておけばそのうち忘れるだろう」といった、高圧的もしくは放置の姿勢が挙げられます。入社後に該当する先輩上司が不運にも目に付いた際には、秘かに興味深く反面教師として観察してみてください。

同業者間の転職率の高さとの関係

他の同業者への転職が活発に行われているのも同業界の特徴であり、数値的な離職率をアップさせる一因となっています。中小企業から大手企業へのヘッドハンティングこそ表面上では殆ど見られませんが、例えば賃貸斡旋業者、建築施工会社、建売住宅販売会社などへの転出あるいは転入者など、広義の「不動産業界」の中での転職が盛んである事は間違いありません。 こうした転職を同業種内の職場移動と解釈するのであれば、離職率の数値は当然低くなり、現状以上に中長期的に勤務する人達が中心で構成している業界だと判断出来ます。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.