外資系の不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 外資系

外資系の不動産管理業の求人

外資系の不動産管理業の求人には、実際の物件を管理する会社ではなく、オフィスビルや企業の投資用資産としての不動産の管理を行う会社が多くなっています。求人には「プロパティマネージャー」という言葉が登場してきます。プロパティマネージャーとは、ビルやマンションなどの物件管理のことで日本語の「不動産管理業」にあたる言葉です。管理する物件の種類は一般の賃貸アパートから分譲マンション、投資用のマンションや土地まで幅広いのですが、アセットマネジメントを行う会社から委託されて管理を行っている外資の会社あります。アセットマネジメントとは、転売まで視野に入れた「不動産の資産価値を高める」ことに重点を置いた管理をすることですので、プロパティマネジメントとは目指すところが違います。

外資系の会社の特徴である、実力を重視する風潮は外資系不動産会社にもあるようです。海外出張も多いので語学力を求められることもあります。また、多くの外資系の会社がそうであるように、給与面での待遇は日本の企業よりも良いようです。その代わり日本の企業で目にする「家賃補助」や「家族手当」などといった福利厚生は無いことが多く中には残業代が無いという企業もあります。外資系不動産で働くメリットは、「給与が高いこと」と「語学力を生かせること」などが挙げられますが、「退職金が無い」「解雇される可能性が誰にでもある」という点がデメリットになります。もちろん企業によって違いますが、不動産だけでなく多くの外資系企業ではこのようなデメリットがあるといわれています。

メリットとデメリットのどちらをとるか、しっかりと考えてチャレンジしなければいけません。不動産管理とともに営業もする職種になると、ほとんどの場合歩合給がつきます。基本給に歩合給がプラスされるのですが、日本の企業に比べて完全出来高制というシンプルな仕組みで歩合給が発生する企業が多いことも特徴の一つです。そして、外資系企業では実力主義ということもあり、経験を大変重視します。未経験での外資系企業へのチャレンジはとても難しいというのが現状ですが、派遣社員などで経験を積んでから外資系不動産にチャレンジすることは可能です。派遣社員でも実力があると認められれば正社員への道も開けます。まずは実力を証明できるような経験を積んでいきましょう。外資系の不動産管理業にチャレンジしてみたいと考えている人はしっかりとキャリアプランを描いて経験を積む必要があるのです

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.