正社員の不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 正社員の

正社員の不動産管理業の求人

リーマンショックなどの経済危機を抜け、ようやく右肩上がりの傾向を見せている不動産関連業界は、新卒・中途問わずに注目を集める業種となっています。不動産管理業者も同じように、新築マンションやオフィスビルなどの建設が続くことにより、市場拡大が続いています。業者側も積極的に、優秀な人材を正社員登録する傾向が見受けられます。

大手の不動産管理業では、新卒者、不動産業界経験者も正社員として採用し、あらゆる経験を通して将来は幹部候補になるように育成する目的を持つ会社も増えています。会社の歴史や価値を維持するためにも、大卒以上を正社員採用の条件としていることも珍しくありません。そうしたケースでは採用時に年齢制限を設けている可能性があるので、注意が必要です。また建築関連の資格取得者を優先的に採用することもあります。一般的には普通免許を取得していれば問題ないと考えられています。不動産管理業は学ぶよりも慣れろ、とされている部分が多いため、数多くの管理物件を回って、様々な事態に対処することで経験値を増やしていくことが期待されています。

大手の管理業者であれば、物件管理に加えて営業職として採用されることもあります。給与形態は業者により異なりますが、基本給+インセンティブを採用している場合が多く見られます。物件管理、営業どちらでもコミュニケーション能力は不可欠です。物件のオーナーや取引先との円滑なコミュニケーションを図れる能力は正社員として働くためには必須といってもいいでしょう。

中小規模の管理業者の場合には、仕事の幅が広がり、少ない人数で多くの業務をこなす必要があるため、激務になる可能性があります。業者側も未経験者を正社員として採用し、研修のために時間とコストを費やすよりは、業界経験者を採用することで即戦力とすることを考えます。

このように、新卒者や未経験者が不動産管理業に身を置くことを考える場合には、研修体制や福利厚生などが充実している大手に就職することが、多くのメリットがあるといえます。不動産管理を一から学び、経験とスキルを身につけることができるでしょう。一方である程度の経験値があるならば、中小規模の業者へ転職することで、さらに収入アップ、やりがいのある環境で仕事をすることが可能になります。正社員としての採用にこだわるのであれば、30代から40代が一つの区切りとされています。未経験者であるならば、早めに転職することがカギになります。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.