大手の不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 大手

大手の不動産管理業の求人

大手の不動産管理業の求人を見てみると、年齢は35歳から40歳までなど、若手のキャリア育成を目的に年齢制限を設けている会社が多くなっています。経験に関しては未経験でも応募可能な求人と、不動産業経験を求める求人とに分かれます。一級建築士や施工管理技士などの専門資格を持っていると優遇される会社も多くなっています。

仕事の内容は賃貸物件の管理ですが、その内容は会社によって違い、工事施工の管理から任される会社や賃貸業務(入居者募集からメンテナンス)が主な仕事となる会社があります。工事の管理などを任される場合経験者を募集するケースが多く、管理業務のみが仕事内容となる場合には未経験者歓迎となっているケースがあります。工事管理は施工開始から終了、アフターサービスまでを総合的に管理する仕事です。経験者を優遇する傾向にあるので、経験年数が長いベテランであれば年齢を問わないという会社もあります。不動産の管理業務が主な仕事となる場合、休日は水曜日などの平日の求人が多くなっていますが、水曜日ともう一日休みが取れる週休二日制を取り入れている企業が多いのが特徴です。中には営業も仕事内容に含まれる求人もあり、この場合には基本給プラス歩合給というシステムが採用されているところもあります。

管理業務ではオーナーと上手にコミュニケーションが取れる人間力と、フットワークの軽さを求めている会社が多いようです。また、大手の求人になると福利厚生がしっかりしています。有給休暇の他に誕生日休暇や家族休暇など特別な休暇を設けている会社もあり、社員旅行や同好会なども充実しています。また、社内研修もしっかりしているという特徴があります。年収については、総合職として人材を募集している場合の方が、一般職としての採用よりも年俸が高いケースが多く、総合職の場合経験者を重視する傾向にあります。大手で日本各地に営業所や支店がある場合、転勤の可能性も視野に入れておかなければいけません。学歴に関しては賃貸管理などの管理業務の場合高卒からOKという会社もありますが、多くは専門学校や短大、大学卒の募集をしています。

大手の不動産管理業と一口に言っても、業務内容が大きく違う場合がありますので内容をきちんと確認してから応募するようにしましょう。内容が分かりにくい場合には面接などで仕事内容について入社前にきちんと確認することが大切です。休日や給料についても同様で、入社前にしっかりと確認しておきましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.