激務でない不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 激務でない

激務でない不動産管理業の求人

不動産管理業は激務といわれていますが、求人を見てみると一概に「激務」と断定することはできません。管理業務が主な業務になる場合、マンションの管理組合が開催されるのはほとんどが土日か平日の夜ですから残業や休日出勤が発生することは多いです。また、オーナーさんが仕事を持っている場合、オーナーさんのお休みに合わせて動かなければいけない時もあります。

24時間駐在して管理する場合、交代勤務のこともあります。これらの勤務形態を避けたいと希望するのであれば、ソフト面の管理ではなくハード面の管理を主な業務としている不動産管理業などを探してみてはいかがでしょうか。ハード面の管理とは、マンションなどの物件のメンテナンスを主な業務とします。日常の清掃や植栽管理、建物の補修や点検などが主な業務となります。外での作業が多くなるため季節によっては激務となりますが、休日の出勤はトラブル対応の時になりますのでソフト面の管理に比べて少なくなります。ただし、不動産管理業は「激務」という言葉で片付けられないほどの「やりがい」を感じられる業種であることも事実です。実際に長く働いている人の中には、オーナーさんから個人的に信頼をされて入居者からも慕われている人がたくさんいます。人のお世話をするのが好きな人には向いているといえますし、人と関わるのが苦ではないのならやりがいを感じられる仕事です。

求人情報を探してみると、残業がほとんどなく土日も必ず休みという不動産管理業の会社もあります。このような会社では不動産管理をさらに下請けに出しているケースがあるようです。自らが直接オーナーとの関わりを持ちませんので、激務にはならないようです。ただし、このような会社はとても少なく、不動産管理業の求人を見渡してもごくわずかな数です。条件の良い求人はすぐに締め切られてしまうので、早めに応募することをお勧めします。また、休みの日にトラブルが起きた場合どのくらい関わることになるのかについても確認しておきましょう。担当者として電話連絡だけで済むのか、駆けつける必要があるのかという点です。

面接の時に、勤務時間や休日出勤の可能性などをしっかり確かめておくことも大切です。すでに働いている社員がどのような勤務形態で働いているのかと尋ねてみるのも良いでしょう。不動産管理業が初めての場合はどのような業務内容になるのかも直接聞いてみると分かりやすいでしょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.