残業が少ない不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 残業が少ない

残業が少ない不動産管理業の求人

不動産管理業は残業が多いと考えている方も少なくありません。確かに、公務員のように毎日定時にきっかりと帰宅することは難しいですが、就職・転職する企業や勤務する部署などによっても残業の有無は異なります。ブラック企業や過労死が問題となることが多い近年では、残業をしないように、有給休暇をしっかりと消化するように厳しく言われる大手企業も少なくありません。

残業が多くなる傾向があるのは、マンション管理業務などでしょう。マンションでは、定期的に管理組合の理事会が開催されるので、出席、司会進行も職務の一つとされています。一般的には入居者の要望を優先し、多くの入居者が出席することができる平日の夜か、土日祝日に行われます。管理業者との契約形態などによっても異なりますが、もし自分で年間スケジュールなども管理することができるならば、休日に出勤した場合には代休を申請することができますし、平日の夜に残業した場合にも時間外手当を申請することができるでしょう。

管理物件によっては、24時間体制で交代勤務をすることもあります。大抵は3交代制を採用し、終業時間には次の勤務の人と交代することができます。急ぎの仕事であれば、引き継ぐことができますし、そうでなければ翌日以降に仕事を済ませることができるでしょう。またマンションの物件管理などをする場合にも、比較的に残業がなく働くことができます。大抵は朝に出勤して清掃やメンテナンスを行い、午後からは管理組合などの資料作成などをすることになります。1人だけではなく、2、3人で仕事をするケースもあるので、1人にかかる負担も少なくなり、体力的にも精神的にも楽に仕事をすることができます。

不動産管理である以上、予期せぬトラブルが生じた時には残業を与儀なくされます。地震や台風などの自然災害や、設備機器などの突然の故障などが生じた時には対処しなければいけません。しかし、そうした事態が生じた時にどのように対処するかが信頼や評価につながることも少なくありません。

どうしても残業をしたくない、この曜日だけは残業ができない、という希望がある場合には、面接時にしっかりとアピールすることも必要でしょう。また現在働いている社員に残業の実態を聞いておくことも賢明です。求人募集の要項と実態が大きく異なる勤務形態で働く羽目になる可能性を避けることができます。残業ナシ、土日休みなどで募集をする管理業などは応募が殺到する傾向にあるため、早めに応募することも必要です。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.