中小の不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 中小

中小の不動産管理業の求人

中小の不動産管理業の求人では、賃貸物件の管理業務で求人を募集しているケースが多くなっています。賃貸物件の管理業務とは、オーナーさんに代わって物件を管理していく仕事です。大手企業では、不動産管理について「仲介部署」や「管理部署」という具合に担当部署が分かれていて仕事内容も役割もそれぞれ違うというところもありますが、中小の不動産管理業では部署で役割分担をするのではなく、一人の人が同時に色々な役割をこなしていきます。

例えば、仲介業務では物件の案内や賃貸契約書類作成、ネット物件登録作業や法人営業などをこなし、管理業務では物件の仕入れからメンテナンス、クレーム対応や入居者管理、不動産に関するコンサルティング業務など一つの不動産に対してできることをすべて行うことになります。管理の仕事に関しては専門知識が必要になることも多く、未経験の応募が出来ない企業もあります。不動産業で何年か経験を積んでいる人や建築、不動産に関する資格を持っている人は優遇されています。中には管理業務に関して、24時間体制で行っている会社もありますので、このような会社に就職した場合には交代勤務があることを理解しておきましょう。

管理業務は仕事内容が多岐にわたるので就職する会社によって、仕事の幅が大きく変わります。自分がどのような仕事をしたいと考えているのか、求人広告に掲載されている業務内容にしっかりと目を通すことが大切になります。一口に管理業務といっても、ソフト面の管理とハード面の管理とで求人を別々に出している会社もあります。ソフト面の管理とは、オーナーと近い立場で仕事をするもので、各種手続きの代行やトラブル対応、入居者募集などをオーナーに代わって行う仕事が主な業務です。組合の会合が土日に開かれる場合、本来はお休みの日でも休日出勤となることもあります。オーナーさんが仕事を持っている人ならば、土日に業務連絡が必要なこともあります。ハード面の管理とは、メンテナンス業務が主となり、日常の清掃や点検、植栽や修繕といった建物を美しく保って入居者が快適に暮らしていけるようにお手伝いをする業務になります。どちらが大変ということではありませんが、求人情報を読む時にはどちらの仕事に関わりたいのか、両方を経験してみたいのか、などとしっかりと考えていきましょう。

福利厚生については中小の求人でもきちんと整えられている会社が多くなっています。お給料については、業務内容に営業が含まれる場合、歩合制のこともありますので、入社前にしっかりと確認することが大切です。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.