土日休みの不動産管理業の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の不動産管理業の求人 >> 土日休み

土日休みの不動産管理業の求人

不動産管理業の求人情報を見比べると、土日が休みと明確に書かれている求人が意外と少ないことに気づくでしょう。基本的には週休2日制の会社が多いのですが、不動産会社の休みに合わせて水曜日と日曜日となっていたり、平日の2日間を休みの日に設定したりしている求人が目立ちます。土日休みと書かれている求人でも読み進めていくと、必ずしも土日に休みが取れるとは限らないという内容の注意書きがあることがあります。これは不動産管理業という業種がオーナーや入居者に合わせて動くことの多い業種だからです。

例えば土日休みの会社で働いていたとしても、日曜日に管理しているマンションの総会などが開かれた場合には管理会社の担当者として必ず出席しなければいけません。この場合には休日に出勤したということで休日出勤手当てや代休といった形で休日を補償する制度を多くの会社で設けています。また、オーナーとの打ち合わせの日を設定するのに、オーナーの休みに合わせようとすれば自然と土日に出勤しなくてはいけないということになります。オーナーが仕事を持っている場合、土日にしか打ち合わせができないというケースが多いのです。そして、管理する物件の急なトラブルはいつ発生するのか予測がつきませんから、土日に発生すれば休日出勤で対応することになります。不動産管理業が激務といわれる理由の一つが、休日出勤が多いという点です。ですから、自分の休日よりもお客様であるオーナーや入居者の方を優先できる人に向いている仕事といえます。

数は少ないのですが、本当に土日がお休みの会社もあります。不動産管理業でも事務の仕事やメンテナンスの仕事の場合、土日の休みがきちんと取れることもあります。ただし、このような求人は不動産管理業の中でも少数ですから求人には人気が集まります。狭き門となることは覚悟しておかなければいけません。また、求人票を見て土日休みと書いてあっても、面接の時などに、今働いている社員の人がきちんと土日に休みを取れているかを確認しておきましょう。今働いている人の現状を把握できれば、自分が入社した後どのように休みが取れるのかが分かります。給与や休みに関して面接ではっきりと確認しにくいという人が多いのですが、長く働き続けるためには最初にしっかりと確認することがとても大切になるのです。働き始めてから、「こんなはずではなかった」と辞めていく人の多くは事前に条件などの確認が不足していたといわれています。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.