賃貸マンション管理の求人

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の不動産管理業の求人 >> 賃貸マンション管理の求人

賃貸マンション管理の求人

オーナーと居住者双方が顧客となる賃貸マンション管理の求人に関しては、以下に綴る傾向とポイントが存在しています。

職種を特定明記しない募集スタイルが特徴

分譲マンションとは異なり、賃貸マンションの管理業務に際しては、管理物件のオーナーが自社の大切な顧客であると同時に、入居者各位もまた顧客に違いありません。担当する管理物件の円滑快適な居住空間の維持と諸々の対応を、時にオーナー側の立場として居住者に伝え、あるいは居住者の希望要望をオーナー側に陳情する「2方向の業務」を担う事となり、更に必要に応じて清掃管理業務等も自身が担当するケースも珍しくありません。 こうした幅広い職責となる為、中途採用募集に際して企業側が、募集職種を明記しないスタイルが特徴となっています。「賃貸物件管理担当者」といった表記で募集告知が掲出配信されるのが一般的であり、具体的には上記の諸々の職責を担うと理解しておきましょう。また大型分譲マンションとは異なり、賃貸物件は通常1棟を担当者1人でカバー出来る規模の建物が大半であり、居住者は管理組合的な組織を構成していない為、オーナーが管理会社を乗り換えぬ様、オーナーが満足する管理状況の報告と円滑な人間関係の構築維持も重要な仕事となります。 学歴や職歴あるいは資格取得状況などに関しても、分譲マンション管理会社に比べると応募資格制限も緩く、幅広い分野から即戦力を募る企業側の意図が確認出来ます。

四季を通じて見られる募集告知

不動産管理業全体に言える事として、四季を通じて募集告知が見られる点が挙げられますが、賃貸マンション管理業に関してもそれは共通しており、絶えず全国のどこかで新築物件が竣工され続けている現状と、他社管理物件を自社管理下にチェンジさせる、各企業の営業担当者の水面下での凌ぎ合いの現状が垣間見える傾向だと言えるでしょう。分譲マンション管理会社が「営業担当者募集」と謳っている場合、このようにライバル企業の管理物件を自社管理下に「ひっくり返す」営業部隊の増員だと解釈して、基本間違いありません。 あくまで口説き落とす対象は狙う物件のオーナーであり、時に大きな契約となる為、当然一朝一夕で成果を得られる可能性は低く、中長期的なアプローチと綿密な戦略が求められ、それなりの実社会経験値を有する人材が求められる事が多いのも当然です。例えば何気無く街中を移動している時、清掃が行き届いていない、植栽が枯れて荒れている、長期間蛍光灯が切れたまま、といった状況が確認出来る賃貸物件であれば、ターゲットとしての条件を満たしており、こうした洞察力に優れた人材であれば、大きな挙績とそれ相応の報酬が期待出来る世界でもあります。

賃貸マンション管理の求人

絶対数はごく一部ですが、賃貸マンションに通常より割安な家賃で入居する代わりに、いわゆる「住み込み管理清掃員」的な職責を担う雇用契約を締結する、賃貸マンションのスタッフの存在も見逃せません。公に明記して募集される事は殆ど無く、当事者もそうした身分である事の公言を控えるように企業側から指示される(※他の入居者との家賃面の優遇から来るクレーム回避が主な理由)為、応募という形での中途採用活動が難しいのが現状ですが、仮に皆さんがお住まいの賃貸物件の居住者宅に定期的に管理会社の担当者が訪れている、その人物がゴミ集積場などを清掃していたりすれば、そうした雇用契約の居住者である可能性が想定されます。 イレギュラーな就活方法ですが、ご自身が現在お住まいの賃貸管理企業にダイレクトに問い合わせてみる事で、何らかの情報を得る事が出来るかも知れません。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.