テナント物件管理の求人

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の不動産管理業の求人 >> テナント物件管理の求人

テナント物件管理の求人

店舗や物件事務所など、1棟にさまざまな分野の法人組織が入居するテナント物件管理の求人に際しては、各担当職責が明示される募集告知が掲出されるのが一般的です。

経験値重視の傾向が見られる業種

大規模商業施設の管理の場合、施工業者が自社関連管理業者に一任するスタイルが大半であり、こうしたテナント物件管理業者の中途採用募集に際しては、学歴面では大卒を条件、あるいは同業界内での一定期間以上の実務経験を応募条件に設定するケースが多々見られます。対して中小規模のテナント物件を外注委託で管理する企業の場合、総体的に応募資格のハードルは前者ほど高く設定こそされていませんが、経験値重視という点では共通しています。 時に入居企業が大企業の支店支社、あるいは広い店内面積の店舗など、住居として入居している顧客対応とは全く異なる、更に専門的かつ複雑な規約に基づく得意先管理能力が求められる為、一部の新卒社員以外の採用に際しては、即戦力が確信出来る人材に絞り込むのは、企業として当然のスタンスである事を踏まえておきましょう。 また住居物件とは異なり、一定規模以上の管理物件を複数の担当者でフォローするスタイルも多々見られるのもまた、テナント物件管理ならではの特徴であり、社内間更には数々の外注委託出入り企業との円滑なコミュニケーション能力が問われる点も知っておいてください。

重要な営業部員の存在

分譲あるいは賃貸マンション同様、既に他の管理業者が担当する物件に狙いを定め、自社管理下に「ひっくり返す」営業部員の能力が、テナント物件管理会社の成長を大きく左右するのは、契約上の金額面が必然的に高額となるからに他なりません。既に管理下に収めた既管理物件の維持だけでは自社業績は横ばい現状維持が天井であり、更なる新規開拓(=ライバルとの競合に勝つ)が自社成長の要である以上、各企業が営業部員の強化に余念が無くて当然です。特にテナント物件の場合、建物全体を丸抱えする契約以外にも、入居している各テナントが企業である以上、こうした各入居者もまた「見込取引先」と捉える事が出来、その物件では取引成約に至れずとも、見込取引先企業の他の場所での管理契約を取り付ける事が出来る可能性はゼロではありません。 綿密かつ複雑な戦略を実践出来る人材が適任であり、こうした土俵での活躍と自身のスキルアップを目指す方々にとって、チャレンジする価値は十分以上であり、そうした人材を企業側は常に求めていると言っても過言ではありません

定着率が高い事務職

上記のいわゆる現地営業舞台を支えるのが事務職である事は、ある意味全ての企業に共通して言える事ですが、テナント物件管理の事務職に特化した中途採用は、正直あまり実施されているとは言えません。これは現場担当者の仕事内容が複雑かつ幅広い分野に渡り、多くの事務処理もこうした担当者自身が確認処理する事で、社内の第三者へのリレーションから生じるケアレスミスを防ぐリスク回避の姿勢も影響していると推察されます。 更に事務職社員の定着率の高さが結果、空きが生じる確率を抑えている点も影響していますが、幅広く求人情報をチェックする事で、数少ない募集情報を掴む事は可能です。当然専門的な知識の学習修得が不可欠ですが、入社後勤務を通じてマスターして行けば大丈夫です。応募段階で特別な資格保有を求められる事は、一部の特化した専門職以外では見られませんので、興味が有れば積極的に応募してみましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.