賃貸マンション管理の仕事内容・主な業務

総合保険代理店求人TOP >> 物件別の仕事内容 >> 賃貸マンション管理の仕事内容・主な業務

賃貸マンション管理の仕事内容・主な業務

賃貸マンション管理業は、スタッフ1人1人が担う職責の範囲や内容が、分譲マンションのそれらとは大きく異なる部分が見られます。

スーツ姿で複数の管理物件を飛び回る

賃貸マンションの管理業者にとって主たる「お客様」は管理物件のオーナーであり、賃貸契約を交わした入居者が管理業者に要望や物件内での出来事を連絡して来られる諸々を、あくまで「オーナーの窓口として一旦承る」ところから、自己の職責への対応がスタートする流れとなります。 例えば「入居者の室内のエアコンから激しい漏水が生じ、動産の高価な羽毛布団が水浸しで使えなくなった」事象が生じた場合、分譲マンションであればエアコン自体も入居者の動産であり、全て自己対応となりますが、賃貸マンションでは「先ずはオーナーに報告して指示を仰ぐ」あるいは「事前設定されたマニュアルに沿って対応する」事が担当者の仕事です。入居者からすれば感情的に「管理会社がエアコンを速やかに交換して布団を弁償しろ!」となりますが、賃貸契約に沿って入居者の感情を汲み取りつつ、極力円満にトラブルを収拾させる「腕」が問われます。 その他、管理物件の清掃や照明器具の交換、ルールを守らぬ入居者への告知文掲載や時に注意警告など、オーナーが安心して不動産ビジネスを営み、入居者も安心して日々生活出来る環境を整える「総合的な職責を負う」仕事です。

新規開拓とオーナーとのコミュニケーションも重責

多くの賃貸マンション管理業者の社員の「もう1つの大切な仕事」に「新規開拓」を外す事は出来ません。分譲マンションとは異なり、全てがオーナーの一存で決定する管理委託契約に基づいている以上、ある日突然「他社に乗り換えるから」と契約更新を拒否されれば、その時点で取引先を失ってしまうリスクと常に背中合わせの業界なのです。 こうした最悪の自体を未然に防ぐべく、自身の担当物件には定期的に足を運び、居住者の不満や意見を傾聴し、それをオーナーのご機嫌を損ねぬ表現に言い換えてスムーズに伝える「立ち回りの能力」も求められる点を踏まえておきましょう。賃貸マンションの場合、清掃担当者を下請け業者に委託しているスタイルが一般的ですが、委託先の怠慢や居住者に対する失礼が直接オーナーの耳に複数届いてしまう事が結果「管理怠慢」の烙印に繋がってしまい兼ねません。賃貸マンション管理業の管理対象は物件のみならず、関連業者の現地担当者にも及ぶ、幅広い視野と細やかな対処能力が求められ、日々の姿勢をオーナーに評価いただく事で「合格点」となる仕事なのです。

賃貸斡旋業者との良好な関係維持も責務の事務職

もう1つ忘れてはならないのが、入居者を紹介してくれる賃貸斡旋業者との良好な関係維持に他なりません。膨大な空き物件を取扱う営業担当者からすれば、無用なアフターフォローやクレーム処理を最低限に抑えるべく、顧客に紹介する物件の管理業者あるいは担当者の評判の優劣を厳しくチェックしています。顧客からすれば「話にならない管理業者よりも斡旋業者の担当者に何でも相談したい」感情が芽生えて当然ですし、それは賃貸斡旋業者側かすれば「正直迷惑」なのも本音です。 必然的に管理能力に疑問符が付く賃貸物件は空き屋状態が中長期化する傾向が否めず、オーナーは家賃収入が途切れた状態が続けば、その疑問と不満の矛先も当然管理会社に向けられます。賃貸管理業者の仕事内容の優劣は、こうした部分にまで影響する事を知っておきましょう。

不動産管理業の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




TOP

不動産管理業の転職の基礎

物件別の不動産管理業の仕事内容

物件別の不動産管理業の採用職種

物件別の不動産管理業の求人

年齢別の不動産管理業の転職例

不動産管理業に関するコラム

条件別の不動産管理業の求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産管理求人ナビ【※不動産管理業界で活躍しよう!】 All Rights Reserved.